on-the-time.jp

2018-06-20

世界で、日本産食材サポーター店の3千店目は、香港の店。

食品

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月21日に、JETRO(Japan External Trade Organization/日本貿易振興機構/ジェトロ)は2018年06月20日に、「日本産食材サポーター店認定制度」の世界3,000店目として、香港島・コーズウェーベイ(銅鑼湾)にある日本料理店に認定証を授与したと報告した。

香港では780店目になり、世界最多となる。

[AD] You can advertise on this site.

日本の農林水産省は2016年04月、日本産農林水産物・食品の海外発信を強化するため、海外での「日本産食材サポーター店」の認定に関するガイドラインを制定した。

ジェトロが制度の運用・管理団体に指定された。

ジェトロは、世界での認定店を2019年03月末までに3,000店としていた目標を前倒しで達成した。

認定証は、日本産食材を使用した料理を常に提供していることや日本産食材・酒類を常に販売していることなどを条件に付与される。

認定された側は安心・安全な食材を販売、利用していることを消費者に訴求できるほか、食材確保のためのネットワークを利用できるなどのメリットもある。

要件に合えば、日本産食材を活用する中華料理店や西洋料理店なども認定の対象となる。

3,000店目に認定されたのは、本マグロとサバ料理の専門店「SABAR×DORAYA」。トロサバ料理専門店を運営するSABAR(大阪府豊中市)が、香港で本マグロ専門店を展開するFFJと組んで香港に初出店した。

認定証授与式に参加したジェトロ香港事務所市場開拓部の田中弘幸部長は、NNAに対して「認定店には日本食材の積極的なPRを期待している。今後も日本料理店だけではなく、中華や西洋料理、食品小売店など、ジャンルを限らず幅広くこの制度を広げていきたい」と抱負を述べた。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.