gaYa広告

2018年06月15日

日本列島ほぼ全域描いた、最古級の地図を広島で発見!

研究調査

朝日新聞デジタルは2018年06月15日に、14世紀中ごろの室町時代(南北朝時代)に描かれたとみられる、本州から九州のほぼ全域が記された日本地図がみつかったと、広島県福山市の県立歴史博物館が2018年06月15日に発表した報告した。

現存する最古の日本地図は京都・仁和寺(にんなじ)所蔵の1305年の「日本図」とされるが、西日本が欠けており、全体が残った地図では最古級。日本地図の変遷をたどるうえで重要な発見と注目されている。

博物館によれば、確認されたのは「日本扶桑(ふそう)国之図」(縦122cm、横57cm)。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

広島出身の収集家守屋壽(Hisashi Moriya)から博物館に寄託された。

国内68カ国が描かれ、地図の欄外には国名と郡名、人口や田畑の面積、寺の数なども記されていた。

近畿を中心に九州を上に描き、京都から各地へ街道が伸びている。当時は「琉球(りゅうきゅう)」と呼ばれ、日本と中国などとの中継ぎ貿易で栄えた沖縄も記されている。

沖縄を「龍及(りゅうきゅう)国」と表現する鎌倉時代の地図の特徴と、港町の地名が多く記されるなど室町時代の特徴を備え、さらに文字の書体の古さなどから14世紀中ごろの作と判断した。

博物館の久下(くげ)実(みのる)主任学芸員は「鎌倉時代と室町時代の特徴がある地図は知られていなかった。空白の期間を埋める資料という点でも重要だ」と話していると紹介した。

広島県福山市の県立歴史博物館では、守屋壽(Hisashi Moriya)コレクションのPDFを公開している。

実は、私の知人の家には、江戸最古の大地図と言われ、太田道灌が城を築く前のもので、博物館に貸し出していたが、返却を申し込んで、返って来たときに見た。

話すとすぐに復刻しようという人で、近くにいたので、ライン川全域の石版地図を私から盗むという前歴があったので、話さなかったことを思い出した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告