gaYa広告

2018年06月12日

東洋インキ、ミャンマーのティラワに製造・販売会社設立。

経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月14日に、東京都中央区の東洋インキSCホールディングスは2018年06月12日に、ミャンマー最大都市ヤンゴン(Yangon)郊外のティラワSEZ(ティラワ経済特区/Thilawa SEZ/Thilawa special economic zone)にで、製造・販売会社の「東洋インキミャンマー(TOYO INK MYANMAR CO., LTD.)」を2018年07月をめどに設立すると発表した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

資本金はUS$650万(約7億1,800万円)で、東洋インキSCホールディングスが間接出資を含め全額を出資する。
敷地面積は1万2,000平方m。

新会社では、ミャンマー国内向けのパッケージ用液体インキおよび接着剤、商業印刷用オフセットインキの製造・販売を行う。市場の動向を見ながら、生産能力や取り扱い製品の拡張も検討する。

東洋インキSCホールディングスは東南アジアで、これまでにシンガポール、マレーシア、タイ、ベトナム、インドネシアの5カ国に製造・販売拠点を開設している。

日本で苦しんでいる印刷会社は、印刷技術がまだ低い東南アジアに進出すべきである。

進出している日本企業をサポートするだけでも大きな利益を生むが、時間とともに地元企業も責めることで大きな事業になる。

地盤は、すでにできている。

2018-06-08---印刷インクのDIC、ボイラー用燃料にパームヤシ殻利用。
2018-05-08---ミャンマーのティラワ特区に、4月外国直接投資の流入は22億円。
2018-04-25---韓国が、自動車輸出拠点として、ヤンゴンで工業団地計画。
2018-03-13---公共交通「ヤンゴン水上バス」、12カ所に船着場を新設。
2018-02-09---丸紅とIHI、ミャンマーで都市間鉄道の車両受注。
2018-01-29---オカムラ食品が、ミャンマーで、すしネタ工場建設。
2017-11-29---セコム、ローマ法王のミサにセキュリティー提供!

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。