2018年06月13日

コーヒーかすを紙カップにしたルイサコーヒー。

食品

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月14日に、台湾のコーヒーチェーン店「路易莎咖啡(ルイサコーヒー)」を運営する路易莎咖啡職人は2018年06月13日に、台北市内で開いた会見で、NCKU(National Cheng Kung University/國立成功大學/成功大学)や機能性衣料メーカーの興采実業(興采實業/Singtex/シングテックス)と共同で、コーヒーかすを再利用した紙カップやメニュー表などを開発したと発表したと報告した。

成功大学は、学生が中心となり、約3カ月をかけてコーヒーを抽出した後のかすから作ったリサイクル紙で紙カップなどを開発した。

興采実業は、コーヒーかすから作った従業員用ユニフォームを開発した。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

ルイサコーヒーの黄銘賢総経理は、「各店舗からは年間約500トンのコーヒーかすが出る。従来は全て廃棄処分していたが、再利用できないかと考えていた」と説明した。

メニュー表とコースターは今後、店舗で導入する可能性もあるという。

コーヒーかすで作った下着は、どうなのだろう?

スターバックスやドトロールで、なぜこれができない!
アメリカ人と日本人は、金儲けだけで馬鹿ばかり!

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。