2018年06月11日

カンボジア労働省、10産業で技能労働者不足。

経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月13日に、カンボジアの新聞「クメール・タイムズ(Khmer Times/電子版)」は2018年06月11日に、カンボジア労働省(Ministry of Labour and Vocational Training)傘下のNEA(National Employment Agency/国家雇用機構)が実施した調査で、IT(情報技術)やホスピタリティーなど、10産業で技能労働者が不足していることが明らかになったと伝えたと報告した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

この調査は、SIDA(Swedish International Development Cooperation Agency/スウェーデン国際開発協力庁)との提携で実施した。
SIDAは2012年からNEAを支援している。
技能労働者が最も不足しているのはIT産業で、ソフトウエアの開発技術者が足りていない。
ホスピタリティー産業では、外国語でのコミュニケーション能力の高い人材が乏しい状況という。

医療分野では医療専門職のほか技術者、営業担当者などで熟練人材が少ない一方、労働市場の44%を占める繊維産業は、労働者不足が比較的低水準であることが分かった。

つまり、偏りが激しい。

イット・サムヘン労相(Ith Sam Heng, Minister of Labour and Vocational Training)は調査結果を受け、「若年層や求職中の労働者の就労を促し、労働市場の活性化を図る」と述べた。

カンボジアの就業率は99.3%で、約1,000万人が就労している。

就業率は、日本より高い。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告