2018-06-11

カンボジア労働省、10産業で技能労働者不足。

経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月13日に、カンボジアの新聞「クメール・タイムズ(Khmer Times/電子版)」は2018年06月11日に、カンボジア労働省(Ministry of Labour and Vocational Training)傘下のNEA(National Employment Agency/国家雇用機構)が実施した調査で、IT(情報技術)やホスピタリティーなど、10産業で技能労働者が不足していることが明らかになったと伝えたと報告した。

この調査は、SIDA(Swedish International Development Cooperation Agency/スウェーデン国際開発協力庁)との提携で実施した。
SIDAは2012年からNEAを支援している。
技能労働者が最も不足しているのはIT産業で、ソフトウエアの開発技術者が足りていない。
ホスピタリティー産業では、外国語でのコミュニケーション能力の高い人材が乏しい状況という。

医療分野では医療専門職のほか技術者、営業担当者などで熟練人材が少ない一方、労働市場の44%を占める繊維産業は、労働者不足が比較的低水準であることが分かった。

つまり、偏りが激しい。

イット・サムヘン労相(Ith Sam Heng, Minister of Labour and Vocational Training)は調査結果を受け、「若年層や求職中の労働者の就労を促し、労働市場の活性化を図る」と述べた。

カンボジアの就業率は99.3%で、約1,000万人が就労している。

就業率は、日本より高い。