on-the-time.jp

2018年06月05日

香港の翠華が、日本式と香港式のファストフード2ブランド立ち上げ!

食品

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月07日に、香港の「経済日報(經濟日報)」は2018年06月05日に、香港の茶餐庁(香港式大衆カフェ)チェーン大手の翠華控股(Tsui Wah Holdings Limited/翠華集團/翠華餐廳集団)は2018年06月05日に、新たに日本式の丼物と香港式の軽食を提供するファストフードの新ブランド店をそれぞれ立ち上げたと発表した。収益源の拡大に向け、若い世代をターゲットに集客を図ると伝えたと報告した。

新たに立ち上げたのは、日本式の丼物を提供する「廿一堂」と、香港式の軽食を扱う「軽。快翠」。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

新界・将軍澳の商業施設「ポップウオーク(天晋匯)」2期と香港島・セントラル(中環)の旧セントラル警察署建築群「大館」にそれぞれ1号店を開いた。

「廿一堂」のターゲットは、ファストフードや日本食を好む若い世代。

「輕。快翠」では菠蘿包(パイナップルパン)やミルクティーといった香港名物の軽食のほか、健康志向の高い消費者をターゲットに、ビル・ゲイツ(Bill Gates)やディカプリオ(DiCaprio)も投資する、世界中で話題の米国のビヨンド・ミート(Beyond Meat)の大豆やエンドウ豆などから開発した牛肉パテを採用した植物由来の牛肉パテを使うハンバーガーなどを提供する。

翠華控股は現在、香港、マカオ、中国本土で「翠華餐廳」を68店展開しており、近くシンガポールに海外1号店を開業する予定。

2017年末には香港でベーカリー店「BEAT」を出店するなど、多様なブランドの展開に取り組んでいる。

新たに日本式の丼物と香港式の軽食といっても、日本人は期待してはいけない。
出てくるのは、香港人感覚の日本食!

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

gaYa広告