gaYa広告

2018年06月05日

香港の翠華が、日本式と香港式のファストフード2ブランド立ち上げ!

食品

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月07日に、香港の「経済日報(經濟日報)」は2018年06月05日に、香港の茶餐庁(香港式大衆カフェ)チェーン大手の翠華控股(Tsui Wah Holdings Limited/翠華集團/翠華餐廳集団)は2018年06月05日に、新たに日本式の丼物と香港式の軽食を提供するファストフードの新ブランド店をそれぞれ立ち上げたと発表した。収益源の拡大に向け、若い世代をターゲットに集客を図ると伝えたと報告した。

新たに立ち上げたのは、日本式の丼物を提供する「廿一堂」と、香港式の軽食を扱う「軽。快翠」。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

新界・将軍澳の商業施設「ポップウオーク(天晋匯)」2期と香港島・セントラル(中環)の旧セントラル警察署建築群「大館」にそれぞれ1号店を開いた。

「廿一堂」のターゲットは、ファストフードや日本食を好む若い世代。

「輕。快翠」では菠蘿包(パイナップルパン)やミルクティーといった香港名物の軽食のほか、健康志向の高い消費者をターゲットに、ビル・ゲイツ(Bill Gates)やディカプリオ(DiCaprio)も投資する、世界中で話題の米国のビヨンド・ミート(Beyond Meat)の大豆やエンドウ豆などから開発した牛肉パテを採用した植物由来の牛肉パテを使うハンバーガーなどを提供する。

翠華控股は現在、香港、マカオ、中国本土で「翠華餐廳」を68店展開しており、近くシンガポールに海外1号店を開業する予定。

2017年末には香港でベーカリー店「BEAT」を出店するなど、多様なブランドの展開に取り組んでいる。

新たに日本式の丼物と香港式の軽食といっても、日本人は期待してはいけない。
出てくるのは、香港人感覚の日本食!

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告