2018年06月07日

Coincheckは、NEMの出金・売却を再開。

モバイル・マネー

日本経済新聞 電子版は2018年06月07日に、マネックスグループ傘下の仮想通貨交換会社になったCoincheck(コインチェック)は2018年06月07日に、1月に約580億円分が流出した仮想通貨NEM(ネム)の出金と売却を2018年06月07日にから順次再開すると発表した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

これでコインチェックが現在取り扱う13の仮想通貨全てを引き出したり、日本円に替えたりすることができるようになった。

Coincheckは2018年03月以降、技術面での安全性などが確認できた仮想通貨の出金・売却を再開してきた。

しかし、仮想通貨の購入や入金は引き続きできない。

また、Coincheckの仮想通貨価格の情報は、bitFlyerの仮想通貨価格の情報と比較すると、かなり遅く、全く現状を反映していない。

Coincheck2018-06-09-19.45.34
bitFlyer2018-06-09-19.46.01
の価格を比較してみた。

これは、まだ仮想通貨の購入や入金は、遅くなることを証明している。

もっとも、bitFlyerもリアルタイムではない。
Ethereum2018-06-09-19.57.35のデータで売却価格66,231円だが、68,056円で売れている。
つまり、売るまでわからない。

また、Coincheckの仮想通貨価格の情報は、仮想通貨NEM(ネム)をすでに消している。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告