on-the-time.jp

2018年06月07日

Coincheckは、NEMの出金・売却を再開。

モバイル・マネー

日本経済新聞 電子版は2018年06月07日に、マネックスグループ傘下の仮想通貨交換会社になったCoincheck(コインチェック)は2018年06月07日に、1月に約580億円分が流出した仮想通貨NEM(ネム)の出金と売却を2018年06月07日にから順次再開すると発表した。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

これでコインチェックが現在取り扱う13の仮想通貨全てを引き出したり、日本円に替えたりすることができるようになった。

Coincheckは2018年03月以降、技術面での安全性などが確認できた仮想通貨の出金・売却を再開してきた。

しかし、仮想通貨の購入や入金は引き続きできない。

また、Coincheckの仮想通貨価格の情報は、bitFlyerの仮想通貨価格の情報と比較すると、かなり遅く、全く現状を反映していない。

Coincheck2018-06-09-19.45.34
bitFlyer2018-06-09-19.46.01
の価格を比較してみた。

これは、まだ仮想通貨の購入や入金は、遅くなることを証明している。

もっとも、bitFlyerもリアルタイムではない。
Ethereum2018-06-09-19.57.35のデータで売却価格66,231円だが、68,056円で売れている。
つまり、売るまでわからない。

また、Coincheckの仮想通貨価格の情報は、仮想通貨NEM(ネム)をすでに消している。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

gaYa広告