gaYa広告

2018年06月05日

自動運転シャトルバス、シンガポールの観光地セントーサ島に登場。

観光

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月06日に、シンガポールの観光地セントーサ(Sentosa)島に、観光客などが乗りたいときに呼び出すことができるオンデマンド型の自動運転シャトルバスがお目見えしたと報告した。

2018年06月05日から乗客を乗せない形での路上走行試験を開始している。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

まずはタンジョン・ビーチ(Tanjong Beach)沿いの1kmの区間を走る。
年内には徐々に走行距離を伸ばし、パラワン・ビーチ(Palawan Beach)を経由してシロソ・ビーチ(Siloso Beach)までの2kmに広げる予定。

さらに来年には、3カ月にわたって一般向けの試験運転を実施。観光客や施設の従業員は、スマートフォンなどでシャトルバスを呼び出すことが可能になる。対象となるルートの距離は5km。

一般向けの試験運転には、22人乗りと15人乗りの車両を2台ずつ用意する。車両は防衛・航空機整備大手STエンジニアリング(Singapore Technologies Engineering Ltd/シンガポール・テクノロジーズ・エンジニアリング)がMOC(Ministry of Communications/運輸省)、SDC(Sentosa Development Corporation/セントーサ開発公社)と共同開発したもので、レーダーやセンサーやレーザー光で周囲の物体を検知する技術LIDAR(Light Detection and Ranging/Laser Imaging Detection and Ranging)で「光検出と測距」ないし「レーザー画像検出と測距」を検出する、GPS(Global Positioning System/Global Positioning Satellite/衛星利用測位システム)などを搭載。
また、乗客の需要の分析や走行ルートの最適化を行うSTエンジニアリングの自律走行管理システムも活用する。

シンガポールの観光地セントーサ(Sentosa)島のタンジョン・ビーチ(Tanjong Beach)の緯度、経度
1°14'30.3"N 103°49'45.8"E
または、
1.241742, 103.829383

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告