2018年06月05日

自動運転シャトルバス、シンガポールの観光地セントーサ島に登場。

観光

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月06日に、シンガポールの観光地セントーサ(Sentosa)島に、観光客などが乗りたいときに呼び出すことができるオンデマンド型の自動運転シャトルバスがお目見えしたと報告した。

2018年06月05日から乗客を乗せない形での路上走行試験を開始している。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

まずはタンジョン・ビーチ(Tanjong Beach)沿いの1kmの区間を走る。
年内には徐々に走行距離を伸ばし、パラワン・ビーチ(Palawan Beach)を経由してシロソ・ビーチ(Siloso Beach)までの2kmに広げる予定。

さらに来年には、3カ月にわたって一般向けの試験運転を実施。観光客や施設の従業員は、スマートフォンなどでシャトルバスを呼び出すことが可能になる。対象となるルートの距離は5km。

一般向けの試験運転には、22人乗りと15人乗りの車両を2台ずつ用意する。車両は防衛・航空機整備大手STエンジニアリング(Singapore Technologies Engineering Ltd/シンガポール・テクノロジーズ・エンジニアリング)がMOC(Ministry of Communications/運輸省)、SDC(Sentosa Development Corporation/セントーサ開発公社)と共同開発したもので、レーダーやセンサーやレーザー光で周囲の物体を検知する技術LIDAR(Light Detection and Ranging/Laser Imaging Detection and Ranging)で「光検出と測距」ないし「レーザー画像検出と測距」を検出する、GPS(Global Positioning System/Global Positioning Satellite/衛星利用測位システム)などを搭載。
また、乗客の需要の分析や走行ルートの最適化を行うSTエンジニアリングの自律走行管理システムも活用する。

シンガポールの観光地セントーサ(Sentosa)島のタンジョン・ビーチ(Tanjong Beach)の緯度、経度
1°14'30.3"N 103°49'45.8"E
または、
1.241742, 103.829383

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告