2018-07-01

中国で2021年まで、トレーラーの車両購入税を半減。

経済ロジスティクス

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月04日に、中国財政省(中华人民共和国财政部)と国家税務総局(中华人民共和国国家税务总局)、工業情報省(中华人民共和国工业和信息化部/1工情省)は2018年05月31日に、物流コスト引き下げが目的として、トレーラーの車両購入税を2018年07月01日から2021年6月30日までの期間、半減すると発表したと報告した。

国産車、輸入車いずれも減税の対象となる。
減税措置を受けるには、「統一発票(領収書)」や税関の関税納付証明の発行日が、減税期間内になっている必要がある。

トレーラーの車両購入税半減措置は、2018年05月16日の中华人民共和国国务院(中央政府)常務会議で決まっていた。

ここらがいつも、中国で理解できない。
物流コスト引き下げが目的なら、空気汚染でも、鉄道だろう。

今のように、鉄道を人間輸送中心で考えるところがわからない。

例えば、線路を複々線にして、貨物輸送専用の線路にすることも考えられる。

そのために、中国とヨーロッパを線路でつないだのだろう。