gaYa広告

2018年05月30日

ウガンダはモバイル・マネー税を再開するために熱くなっている。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは2018年05月30日に、UCC(Uganda's Communications Commission/ウガンダ通信委員会)は、サービスにより、よい実行、報告された日常モニタが保証されるように国際的な証明を捜すことをモバイル・マネー・オペレータに勧めた一方、論争担っていたトランザクション税は議会により承認されたと報告した。

新聞とのインタビューで、UCC常勤取締役ゴドフレー・ムタバジ(Godfrey Mutabazi)は、国のオペレータが国際的なガイドラインに付き、効率的な配達を保証するために証明を捜すことを期待すると言った。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

GSMAが、多くのパラメータに対するオペレータを評価する先駆的なグローバル・モバイル・マネー認証スキーム(Global Mobile Money Certification Scheme)を初公開した1ヶ月後に、コメントは来た。

チェックには、信頼できるサービスの提供、消費者の権利の保護、マネーロンダリングの防止、テロ資金の援助の防止などが含まれている。

これまでに、ケニア(Kenya)のSafaricomのm-Pesa、コートジボアール(Ivory Coast)のオレンジマネー(Orange Money)、タンザニア(Tanzania)のTigo Pesa、Vodacomのm-Pesa、TelenorのMicrofinance BankのEasypaisaなど5社が認定を受けている。

税務問題としては、ウガンダ当局が新しい基準に準拠していることから、ウガンダ政府はモバイル・マネー取引に新たな税金を払うという圧力を受けている。

今週首相は、全国のコミュニティ団体、業界団体、および企業によって大きく批判された措置を取って、議会を通じた増税を可決した。嫌悪者たちは、この動きが財政的な封じ込めを妨げ、社会の最も貧しい人々を激しく攻撃すると主張している。

税金もんだは、どの国でも大きな問題になり、アフリカではときに殺し合いにまで発展する。

日本の政治家は、アフリカのように、斧や槍、鉈などで追いかけられないが、アフリカの労働争議では、今も武力抗争でそれらが武器になっている。

2018-04-25---ウガンダ当局、モバイル・マネー税を考え直すと主張。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。