2018年05月30日

ヨマ、中国火鍋の小肥羊をミャンマーで年内に開業。

食品

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年05月31日に、ミャンマーの大手財閥SPA(Serge Pun & Associates | Myanmar/サージ・パン・アンド・アソシエーツ・ミャンマー)傘下でSGX(Singapore Exchange Limited/シンガポール取引所)上場のYSH(Yoma Strategic Holdings Ltd./ヨマ・ストラテジック・ホールディングス)は2018年05月30日に、中国最大級のモンゴリアン火鍋専門店「小肥羊(しゃおふぇいやん/リトルシープ/Little Sheep)」をミャンマーで展開すると発表したと報告した。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

ミャンマーの最大都市ヤンゴン(Yangon)で2018年10〜12月期にミャンマー1号店を開業し、その後、他の主要都市でも展開していく計画だという。

ヨマの最高経営責任者(CEO)メルヴィン・パン(Melvyn Pun)は「火鍋はミャンマーで長く愛されている料理」とした上で、「ミャンマーの食品・飲料市場で最大手になるため、熟慮して小肥羊との提携を決めた。非常に心躍る重要なステップになる」と説明した。

メルヴィン・パン(Melvyn Pun)は、現在は会長になった実業家セルゲ・パン(Serge Pun)の息子である。

小肥羊は1999年、内モンゴル自治区包頭市に1号店を開業。2012年にファストフード世界大手である米ヤム・ブランズの傘下に入った。現在は東京や上海、香港、ニューヨークなど120カ国・地域で約300店舗を展開している。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。