2018-05-24

香港のキャセイ航空、搭乗で加算の「アジア・マイル」増へ!

観光

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年05月28日に、香港の航空大手キャセイパシフィックグループ(Cathay Pacific Group)は2018年05月24日に、マイレージプログラム「アジア・マイル(亜洲万里通)」を強化すると発表したと報告した。

2018年06月22日以降に出発するフライトから、キャセイパシフィック航空とキャセイドラゴン航空(国泰港龍航空/旧香港ドラゴン航空)の航空券の8割を対象に、より多くのマイルを加算する。

例えば、香港―東京(成田)間エコノミークラスの運賃クラスS、N、Qの場合、加算するマイル数はこれまでの460マイルから2倍以上の1,000マイルに増える。

さらに、より少ないマイルでエコノミークラスの特典航空券に交換できるようになる。香港―大阪(関空)か香港―シンガポール間をエコノミークラスで往復する場合だと、これまでは3万マイル必要だったが、6月22日からは2万マイルで交換できる。

マイルで交換して利用できる座席数も20%以上増やすという。行きをエコノミークラス、帰りをビジネスクラスといったマイル交換にもフレキシブルに対応する。

キャセイパシフィックグループは2018年04月20日に、日本人利用客によりきめ細かいサービスを提供するため、日本での客室乗務員約200名を採用する予定で、募集を開始したと報告した。