2018-05-23

競泳の古賀淳也が、ドーピング陽性。

犯罪と裁判スポーツ

毎日新聞は2018年05月23日に、日本水泳連盟は2018年05月23日に、競泳男子で、第一三共に所属する2016年リオデジャネイロ・オリンピック代表、30歳の古賀淳也からドーピング検査で筋肉増強効果のある禁止物質が検出されたと発表したと報告した。

古賀淳也は国際水泳連盟から暫定的に資格停止処分を受け、今夏のジャカルタ・アジア大会代表も取り消された。

2018年05月23日に記者会見した古賀は「意図的に取ったことは一切ありません」と述べた。
今回検出された物質の資格停止期間は原則4年だが、重大な過失はないとして軽減を求め、国際水連に公聴会の実施を申し立てたという。

本人らによると、2018年03月02日に受けたWADA(World Anti-Doping Agency/世界反ドーピング機関)による抜き打ち検査で尿から禁止物質が検出され、予備のB検体も陽性だった。
2018年01月にインターネットで購入して服用したサプリメントに、禁止物質が混入していた可能性があると主張し、栄養学の専門家に確認するなど細心の注意は払っていたと説明した。

それなら、次の被害者が出ないように、栄養学の専門家を公にすべきである。

しかし、これだけドーピング問題がわだいになっているのに、インターネットで購入して服用したサプリメントというのは、あまりにも軽薄である。

古賀は2009年世界選手権男子100m背泳ぎで金メダルを獲得。

オリンピックはリオ大会が初めてで男子400メートルリレーに出場した。
2018年04月の日本選手権は男子50m背泳ぎで優勝してアジア大会の代表となり、同種目で大会4連覇を狙っていた。

2018-02-05---IOC、平昌オリンピックにロシア選手ら、15人の参加認めず!
2018-01-24---オリンピック・ライバルに薬物混入の鈴木康大選手を立件に向け、再聴取。
2017-12-06---IOC、平昌五輪からロシア排除!個人は参加容認。
2017-08-23---山中慎介破ったメキシコのルイス・ネリ、ドーピング検査で陽性。
2017-08-18---ロシアの女子三段跳び選手に4年間の出場停止。メダル剥奪。
2017-05-02---ヨーロッパ陸連が、現存の世界記録などを白紙にする「革新的」提案。
2017-02-10---リップクリームで薬物違反、13か月の資格停止処分!?
2017-01-29---ツール・ド・フランスで隠しモーター疑惑
2017-01-27---ウサイン・ボルト、金メダルを返還!
2016-12-09---ロシアの「組織的」なドーピングは、1000人以上の選手が関与!?
2016-10-24---IOC、ドーピング内部告発のロシアの選手を援助!?
2016-10-06---棒高跳びのチャンピオン、セックス後、コカイン陽性反応も処分免れた。
2016-08-07---パラリンピックは、ロシアの選手出場を認めない。
2016-07-24---一転、IOC、最終的にロシアのリオ五輪出場認める。
2016-07-24---ロシアの選手387人全員、オリンピック出場禁止!
2016-07-18---ロシアのドーピング、政府関与を認定!
2016-07-01---オリンピックの走り高跳び女王、禁止薬物違反で「資格停止」
2016-02-14---ロシアの反ドーピング機関の元トップが急死。
2016-02-12---オーストラリア選手団、リオ五輪を控え、より厳しいドーピング検査を実施!
2015-11-26---ドーピング問題で「完全資格停止処分」をロシア陸連が受け入れた。
2015-08-16---2011年の第13回世界陸上大邱大会では、3分の1がドーピング。
2015-08-11---国際陸連は、ドーピング疑惑で28人に暫定処分。
2015-08-01---国際陸上競技連盟が持っていた選手5000人分の血液検査結果流出。
2014-12-03---ドイツの公共TV、99%が使用のロシアのドーピング事情を暴く。
2013-11-23---ジャマイカ・アンチ・ドーピング委員会委員は薬物検査危機で辞職。
2013-04-04---ドーピングで信用を失ったアームストロングは、水泳選手?!
2011-10-06---ラシュワン・メリット、オリンピックのドーピング検査を覆す!
2008-07-31---北京オリンピックとドーピング問題。
2008-06-20---ヨーロッパ放送局、ドーピング問題でスポーツ報道を切る!?
2008-05-26---不法スポーツ賭博サイト、急速に脚光!