2018-05-23

日本経済新聞のNikkei Styleは、「危機管理の達人」シリーズ開始。

人物

日本経済新聞のNikkei Styleは、人気タレントによる強制わいせつ事件、元財務次官のセクハラ疑惑、日大アメフト選手の悪質反則問題など、著名人や組織、企業の不祥事が絶えない。問題発覚後の対応によっては、さらなる炎上を招き、収拾がつかなくなるケースもある。

そこで、日本経済新聞のNikkei Styleは2018年05月23日から、不祥事後の対応はどうあるべきか、専門家に聞くシリーズとして、「危機管理の達人」を開始したと報告した。

第1回は吉本興業で芸人らのトラブルやスキャンダルの対応策を一手に引き受け、退社後は起業して「謝罪マスター」を名乗る竹中功氏に、正しい謝り方を指南してもらったと伝えてる。

そういえば、吉本興業で天才トラブル・メーカーだったといえば、「やっさん」だろう。

学生時代、大阪のフェスティバル・ホールの地下にあったSABホールでアルバイトをしていた時、舞台の袖で「やっさん」と「きよっさん」が、出待ちをしていた。

それは正月番組の生放送であった。

「やっさん」の芸人魂に火がついた。

「きよし、ええか!今日は久しぶりの生や!」「行くで!」というと、「きよっさん」が「そんなこしてええんかな〜」と言うと、「やっさん」は、「生は、やったが勝ちや!」と言っていた。

それを聞いていた私に気がついて、「やっさん」が「きよっさん」の背中を叩きながら、私の方を見てウィンクした。

私は、仕事を放り出して客席に走った!

めちゃくちゃで、わい談から、暴言など、なんでもありで、面白かった!

「危機管理の達人」の話は、日本経済新聞のNikkei Styleで確認してほしい!

■大事なのは反省と再発防止策だけ 内輪の話は余計
――人気グループTOKIOの元メンバー・山口達也さんの事件後の会見について、「謝罪マスター」から見てどんなことが気になりましたか。
――こういう会見では、事前に言ってはいけない「ネガティブリスト」というものを作りますよね。
――後日のTOKIOのメンバー4人の会見はどうだったでしょうか。
――吉本時代に竹中さんはいくつも謝罪会見を担当されていました。どんなことに気をつけていましたか。

■許すカードは相手が持っている
――財務省を退職した福田淳一前次官など、公人の不祥事も相次いでいます。
早速、妹と息子に、読むようにメールした。

■大御所にも説く危機管理
――吉本ではリスク管理のチームなどを持っていたそうですが、普段からやっておくべき心構えなどはありますか。

竹中 功
 同志社大学大学院総合政策科学研究科修士課程修了。1981年吉本興業入社。同年宣伝広報室を設立。82年芸人養成所「よしもとNSC」開校。リスク・コンプライアンス委員、よしもとクリエイティブ・エージェンシー専務取締役などを歴任。2015年退社。危機管理コンサルティングなどを手掛けるモダン・ボーイズを設立し、最高執行責任者(COO)兼謝罪マスター。

いつトラブルにあうかわからない。あっても、どう切り抜くかは、処世術!
しかし、わたしはいつも、この処世術で嫌われる!

でも、「やっさん」は、面白かった!