gaYa広告

2018年05月17日

ヤンゴンのシュエダゴン・パゴダの2016年の収入は約72億円。

宗教

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年05月21日に、ミャンマーの電子メディアのイラワジ(Irrawaddy)は2018年05月17日に、ミャンマー最大都市ヤンゴン(ရန်ကုန်/Yangon)にあるシュエダゴン・パゴダ(Shwedagon Pagoda/仏塔)の2016年度(2016年04月〜2017年03月)の収入は、現地通貨が670億チャット(約55億円)、外貨がUS$1,520万(約16億8,500万円)だったと報告した。

日本円に換算すると、合計で約72億円に相当する。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

現地通貨の方が外貨より3倍以上になるということは、それだけ信仰心が高い証拠かもしれない。

ヤンゴン管区政府のナイン・グン・リン社会福祉相が2018年05月16日の管区議会で明らかにした。参拝者の寄付や外国人観光客の拝観料、駐車場料金など、パゴダ運営に関連する全収入を含む。さらに、国営MEB(Myanma Economic Bank:/ミャンマー経済銀行)にある管区政府のパゴダ関連の預金に対する同年度の利息収入は4億7,640万チャットだった。

シュエダゴン・パゴダのほか、同年度のスーレー・パゴダ(Sule Pagoda)の収入は1,600万チャット、カバエ・パゴダ(Kaba Aye Pagoda)は8,900万チャット、ボタタウン・パゴダ(Botahtaung Pagoda)は1,450万チャットおよびUS$1,520万、スウェドー・パゴダ(Swe Taw Pagoda)は1,580万チャットだった。

これまでパゴダの収入は公開されたことがなかった。ナイン・グン・リン社会福祉相は「各パゴダの支出報告書は毎年、会計検査院が精査している」と説明した上で、今後は報告書を議会に提出すると約束した。

シュエダゴン・パゴダ(Shwedagon Pagoda/仏塔)の緯度、経度
16°47'54.3"N 96°08'58.9"E
または、
16.798406, 96.149694

スーレー・パゴダ(Sule Pagoda)の緯度、経度
16°46'27.9"N 96°09'31.5"E
または、
16.774422, 96.158756

カバエ・パゴダ(Kaba Aye Pagoda)の緯度、経度
16°51'24.6"N 96°09'16.1"E
または、
16.856831, 96.154481

ボタタウン・パゴダ(Botahtaung Pagoda)の緯度、経度
16°46'06.3"N 96°10'18.7"E
または、
16.768428, 96.171869

スウェドー・パゴダ(Swe Taw Pagoda)の緯度、経度
16°52'30.9"N 96°08'57.8"E
または、
16.875242, 96.149394

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト