2018年05月17日

真珠宝飾大手のミキモト、中国8店目を西安に出店。

経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年05月21日に、真珠宝飾大手のミキモトは2018年05月18日に、陝西省西安に中国本土で8店舗目となる直営店を開業したと発表したと報告した。

西安の繁華街、永寧門(永宁门/碑林区)で2018年オープンした高級百貨店「西安SKP」の1階で、2018年05月17日に開業した。店舗面積は約35平方mで、販売員数は5人。

西安(長安)といえば、西遊記で有名な街。
そこで真珠を売ると、実に不思議な感覚になる。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

ミキモトは2004年に上海で中国本土1号店をオープンし、その後、北京、四川省成都、江蘇省南京、天津に出店した。
上海と北京にはそれぞれ2店舗を設けている。

経済発展を続ける中国内陸部の中でも、西安は市場の拡大が期待できる主要都市だと判断し、初出店を決めた。
今回の出店を通じて、内陸部の富裕層からのブランド認知度の向上と売り上げの獲得を目指すことにしている。

西安SKPは小売り大手の北京華聯集団投資控股(BHG)が手掛ける高級百貨店ブランドで、「北京SKP」の2号店として開業した。

北京SKPは2017年の売上高が125億元(約2,180億円)に達し、国内のショッピングモール・百貨店で売り上げ首位に立っているという。

西安の繁華街、永寧門(永宁门/碑林区)の陕西省西安市碑林区长安北路261号にある高級百貨店「西安SKP」の緯度、経度
34°14'6.25"N,108°56'49.04"E

ここでも地図と衛星画像が大きくずれているが、今回は衛星画像より、地図の方が良さそうである。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告