on-the-time.jp

2018年05月17日

フィリピンで、シャープがテレビ販売攻勢、8Kも投入。

経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年05月18日に、シャープは2018年05月17日に、フルハイビジョンの4倍の画素数を持つ「4K」規格の液晶テレビのラインアップ拡充を発表した。

さらに高精密な「8K」の新型液晶テレビを年内に投入することも発表し、シャープブランドの技術力をアピールした。

現地生産された製品を好むフィリピン人に訴求するキャンペーン「ウィー・ラブ・フィリピン」と合わせ、2018年は液晶テレビの市場シェアを11〜12%に引き上げたい考えだという。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

全体の売上高は前年比20%増を目指す。

「4K」規格の液晶テレビ、UA6800Xシリーズ(アンドロイドTV/Android TV)、UA6500Xシリーズ(スマートTV/Smart TV)の45、50、60インチを今月投入し、年末に8Kの新型液晶テレビの販売を開始する。2K(ハイビジョン)の16倍の画素数を持つ8Kテレビは、ほとんど目で見たままの鮮明な画像を映し出し、医療や防犯など多くの分野で活用が期待できるという。

現地法人シャープ・フィリピンズ(Sharp Philippines)の紀藤一雄社長は、「富裕層に売り込む8K、中高所得層向けの4K、全所得層をターゲットにした現地生産製品の販売促進キャンペーンで、満遍なく需要を取り込み、シェア拡大を目指す」と説明。液晶テレビの販売台数を前年比40%増、シェアは現状の8%から11〜12%に引き上げ、日本ブランドでナンバーワンを目指す。

現地生産台数は2倍に引き上げる。

フィリピンでは経済成長や人口増加を背景に、消費財の市場規模が年々拡大している。
2017年の液晶テレビの市場規模は、前年比4.1%増。このほか冷蔵庫が5.9%増、洗濯機が11.9%増と拡大した。
シャープ・フィリピンズの売上高は、液晶テレビが60%増、洗濯機、冷蔵庫、エアコンがそれぞれ15〜20%増となった。
洗濯機はシェア22%超でフィリピンのトップシェアを維持している。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。