gaYa広告

2018年05月15日

ミャンマー第2の都市マンダレーの鉄道で地雷爆発!

戦争と平和

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年05月18日に、ミャンマーの新聞「ミャンマー・タイムズ(Myanmar Times/電子版)」は2018年05月17日に、ミャンマー第2の都市マンダレー(Mandalay)と北部カチン州の州都ミッチーナ(Myitkyina)を結ぶ鉄道で2018年05月15日深夜、2つの地雷(Landmine)が爆発したと伝えたと報告した。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

MR(မြန်မာ့ မီးရထား/Myanma Railways/ミャンマー国鉄)によると、2018年05月15日深夜12時ごろにミッチーナを出発した地雷除去車両が走行中、マヤン駅(Mayan railway station)とナムティ(Namti railway station)駅の間で地雷が爆発。数分後にはモーカウン駅(Moe Kaung railway station)とトウープ駅(Htou Pu railway station)間にある長さ10フィート(約3メートル)の橋で、同車両が到着する直前に2つ目の地雷が爆発したとミッチーナ駅の駅長ウキーン(U Khin)が言った。

同エリアでは、一般車両の走行前に地雷の有無を確認し、撤去作業を行うための地雷除去車両が運行している。今回、爆発事故に遭遇した地雷除去車両にはMRの職員のほか、ミャンマー警察と国軍兵士が同乗していたが負傷者は出ていない。

現在、MRの職員が線路の修復に当たっているが、ミッチーナ発マンダレー行きの急行列車3本と郵便物を運搬する列車1本に遅れが出ており、MRは切符の払い戻しを行っている。

一方、線路が被害を受けたマンダレー発ミッチーナ行きでは、モーニン駅(Mohnyin railway station)で1本、ホピン駅(Hopin railway station)で2本の列車が立ち往生しており、乗客はバスでミッチーナへ輸送されているもようだ。

MRは、復旧のめどについて、現時点ではコメントできないとしている。

また、Google Earthや.Google Mapsは、地方の小さな町の駅は、ほとんど対応していない。

ミャンマー第2の都市マンダレー(Mandalay)の緯度、経度
21°57'31.8"N 96°05'20.8"E
または、
21.958828, 96.089103

北部カチン州の州都ミッチーナ(Myitkyina)の緯度、経度
25°23'40.6"N 97°23'02.7"E
または、
25.394614, 97.384072

ナムティ(Namti railway station)駅の緯度、経度
26°51'19.6"N 94°37'39.1"E
または、
26.855453, 94.627525

モーニン駅(Mohnyin railway station)の緯度、経度
24°46'43.0"N 96°21'39.5"E
または、
24.778606, 96.360972

ホピン駅(Hopin railway station)の緯度、経度
24°59'28.5"N 96°31'43.6"E
または、
24.991261, 96.528781

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。