on-the-time.jp

2018-05-16

MySquarは、ミャンマーのモバイル・マネーの可能性を調査中!

モバイル・マネー

Mobile World Liveは2018年05月16日に、MySquarは、ミャンマー本部を置いたソーシャル・メディアや、エンターテインメント会社のサービスにバックボーンを提供するために別個に2つのパートナー契約をした後に、9月の終わりまでに、モバイル・マネー・サービスをスタートする計画を発表したと報告した。

Uber Remitと現金転送の消費者ブランドOK Dollarを操作するインターネット財布専門のWallet Myanmarと契約した。

[AD] You can advertise on this site.

50の市場で世界中にMySquarアクセスで送金を提供するニュージーランドに本社があるUber Remitは、そのプライオリティにシンガポールを含む。

Wallet Myanmarとのタイアップにより国の支払いライセンスへのアクセスは他の利点の間で会社に与えられる。

MySquarは、すでにミャンマーの消費者にソーシャル・メディアとモバイル・ゲームを提供し、以来その拡張として支払いに取り組み、2015年にアプリプロバイダーMyPayとの取引にサインしている。

会社の予測では、ミャンマー人口の20%未満は、伝統的な銀行サービスにアクセスすることができる一方、スマートフォン貫通力は相対的に高い。

MySquar CEOエリック・シャー(Eric Schaer)は「これはデジタル財布の急速な採用のための可能性を増大させて、送金プロセスを実用的でシームレスにする。」

「ミャンマーのデカ正義労働者からの送金は、世界銀行によれば、毎年約US$80億であると報告される。これらの送金の約50%は、インフォーマルなチャンネルを通って起こり、国境を越える送金を形式化するために、プレッシャーがあり、私達のモバイル・マネー/プラットフォームが、市場でのこのギャップに比べ、便利で、安全で、入手可能な方法を形成することが期待されている。」と言った。

それにしても、MySquar、Uber Remit、OK Dollarは、どれを取っても、何処かで聞いたような名前!

そして、すでにミャンマーではOoredooがモバイル・マネーを提供している。

2017-09-20---Ooredoo、ミャンマーでモバイル・マネー初公開!
2016-11-15---ミャンマーのモバイル・マネーは進軍ラッパで拡大中!

[AD] You can advertise on this site.

Related Dates

[AD] You can advertise on this site.