gaYa広告

2018年05月17日

チャンギなど、福岡空港民営化の優先交渉権で前進。

経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年05月17日に、シンガポールのチャンギ空港(Singapore Changi Airport)を運営するCAG(Changi Airport Group/チャンギ・エアポート・グループ)が参画するコンソーシアム(企業連合)が、福岡市の福岡空港(Fukuoka Airport)の運営権獲得に前進したと報告した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

日本の国土交通省は国土交通省16日に、福岡空港運営の民間委託について福岡エアポートホールディングス(Fukuoka Airport HD)を中核とするグループを優先交渉先に選んだと発表した。

このコンソーシアムには福岡エアポートHDとCAGのほか、西日本鉄道、三菱商事、九州電力が名を連ねる。

日本で国が管理する空港の民営化は仙台、高松に続いて3件目で、地元企業を中心とするコンソーシアムが担うのは初となる。

2019年04月から30年間にわたり、ターミナルビルや滑走路を一体運営する。

CAGは、世界有数のハブ空港であるチャンギ空港の運営ノウハウを活用していく考えである。

国交省は2018年0月にコンソーシアム側と基本協定を結び、2018年08月には運営権の設定や実施契約の締結などを終える方針にしている。

福岡空港の運営権の入札は2017年05月に開始した。

第1次審査で当初の5グループから3グループに絞られ、福岡エアポートHDなどの陣営、東京建物とイギリスの空港運営会社マンチェスター・エアポート・グループ(Manchester Airport Group)の陣営、大和ハウス工業などの陣営が第2次審査に進んでいた。

福岡空港(Fukuoka Airport)の緯度、経度
33°35'05.7"N 130°26'40.3"E
または、
33.584906, 130.444519

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告