2018年05月17日

日本で児童虐待や性被害者、9割以上が慰謝料なし!

性とメディア、犯罪と裁判

毎日新聞、東京新聞は2018年5月17日に、事件や事故の被害者や遺族の状況を把握しようと、警察庁が2018年01月19〜28日、20歳以上の男女を対象にインターネットでアンケートを実施し、調査を行ったところ、児童虐待や性被害など4類型において90%以上が加害者側による賠償や公的給付金など金銭的な補償を受けていないことが判明したと報告した。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

警察庁は、自身を被害者や遺族と申告した計917人の回答を分析した。

警察に被害を届け出ていないと答えた回答も相当数あった。調査結果「犯罪被害類型別調査」を2018年5月17日に公表した。

支援制度を認知していないとした人も多く、被害者に援助の手が届きにくい実態が浮き彫りとなった。

これは同時に、弁護士などの活動不足とも言える。

一方で、米国では同じ日に、米国の性的虐待で、総額550億円で和解成立したと報告している。

日本は、性的虐待に対する法制度環境が悪すぎるのではないだろうか?

日本は法治国家ではないのだろうか?

2018-05-17---米国の性的虐待、総額550億円で和解成立!
2018-04-23---NTT、事実上の政府要請により、海賊版3サイト遮断決定。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

この記事に関連する日付

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

gaYa広告