2018年05月17日

日本で児童虐待や性被害者、9割以上が慰謝料なし!

性とメディア、犯罪と裁判

毎日新聞、東京新聞は2018年5月17日に、事件や事故の被害者や遺族の状況を把握しようと、警察庁が2018年01月19〜28日、20歳以上の男女を対象にインターネットでアンケートを実施し、調査を行ったところ、児童虐待や性被害など4類型において90%以上が加害者側による賠償や公的給付金など金銭的な補償を受けていないことが判明したと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

警察庁は、自身を被害者や遺族と申告した計917人の回答を分析した。

警察に被害を届け出ていないと答えた回答も相当数あった。調査結果「犯罪被害類型別調査」を2018年5月17日に公表した。

支援制度を認知していないとした人も多く、被害者に援助の手が届きにくい実態が浮き彫りとなった。

これは同時に、弁護士などの活動不足とも言える。

一方で、米国では同じ日に、米国の性的虐待で、総額550億円で和解成立したと報告している。

日本は、性的虐待に対する法制度環境が悪すぎるのではないだろうか?

日本は法治国家ではないのだろうか?

2018-05-17---米国の性的虐待、総額550億円で和解成立!
2018-04-23---NTT、事実上の政府要請により、海賊版3サイト遮断決定。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

この記事に関連する日付

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。