on-the-time.jp

2018年05月15日

京都のホテル、健康被害及ぼす恐れの毒入りパンを回収。

食品

毎日新聞は2018年05月17日に、京都市左京区宝ケ池のグランドプリンスホテル京都は2018年05月17日に、健康被害を及ぼす恐れがあるパンを約1年2カ月間、ホテル内で製造し、レストランや宴会場で提供したり販売したりしていた可能性があると発表した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

パン製造で使う発酵機器に誤って薬品入りの冷却水を使用していたことが2018年05月15日に発覚し、販売していたパンは自主回収を進めている。これまで健康被害の訴えはないという。

ホテルによると、地下1階のベーカー室でパンを蒸気で発酵させる機器に、2017年03月25日から、水道水の管と間違えて冷却水の管を接続していた。

1年以上経って発覚したことになる。

冷却水は、さびや藻の発生を防ぐ薬品を含み、報告を受けた京都市保健所が健康への影響を調査している。

ホテルは国際会議場のある国立京都国際会館に隣接し、1986年に「京都宝ヶ池プリンスホテル」として開業した。

各国の要人が利用し、安倍晋三首相も2017年10月を含め繰り返し宿泊している。

客室は約310室。

京都市左京区宝ケ池のグランドプリンスホテル京都のパンで画像検索すると、出てくるは出てくるは、

京都市左京区宝ケ池のグランドプリンスホテル京都の緯度、経度
35°03'46.9"N 135°46'52.4"E
または、
35.063017, 135.781228

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。