2018年05月15日

京都のホテル、健康被害及ぼす恐れの毒入りパンを回収。

食品

毎日新聞は2018年05月17日に、京都市左京区宝ケ池のグランドプリンスホテル京都は2018年05月17日に、健康被害を及ぼす恐れがあるパンを約1年2カ月間、ホテル内で製造し、レストランや宴会場で提供したり販売したりしていた可能性があると発表した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

パン製造で使う発酵機器に誤って薬品入りの冷却水を使用していたことが2018年05月15日に発覚し、販売していたパンは自主回収を進めている。これまで健康被害の訴えはないという。

ホテルによると、地下1階のベーカー室でパンを蒸気で発酵させる機器に、2017年03月25日から、水道水の管と間違えて冷却水の管を接続していた。

1年以上経って発覚したことになる。

冷却水は、さびや藻の発生を防ぐ薬品を含み、報告を受けた京都市保健所が健康への影響を調査している。

ホテルは国際会議場のある国立京都国際会館に隣接し、1986年に「京都宝ヶ池プリンスホテル」として開業した。

各国の要人が利用し、安倍晋三首相も2017年10月を含め繰り返し宿泊している。

客室は約310室。

京都市左京区宝ケ池のグランドプリンスホテル京都のパンで画像検索すると、出てくるは出てくるは、

京都市左京区宝ケ池のグランドプリンスホテル京都の緯度、経度
35°03'46.9"N 135°46'52.4"E
または、
35.063017, 135.781228

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。