2018年05月16日

米国の性的虐待、総額550億円で和解成立!

性とメディア犯罪と裁判スポーツ

毎日新聞は2018年05月17日に、米国体操協会(USA Gymnastics)の元チームドクター、ラリー・ナサル(Larry Nassar)被告による女子選手への性的虐待問題で、被告が所属していたMSU(Michigan State University/ミシガン州立大学)と被害者の間で和解が2018年05月16日に成立したと、AP通信など複数の米メディアが報じたと報告した。

総額US$5億(約550億円)で、米国大学スポーツ界でのこれまで最大の和解金US$1億を大きく上回った。

最長で禁錮175年の判決を受けたナサル被告に虐待されたと訴えた女性は五輪金メダリストを含む332人にも上り、US$4億2500万が支払われる。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

US$7500万は新たに訴え出た被害者のために用意されるが、大学側はどのように工面するかは公表していない。

BBC Newsは2018年05月17日に、ナッサー被告から、性的虐待を受けた若い女性の多くは、当人の行為だけでなく、それを可能にした組織に怒りを感じている。

米国体操協会、米国オリンピック委員会(U.S. Olympic Committee)にも波及する。

被告はミシガン州立大学で何十年も働いていたが、多くの被害者は自分たちの訴えが大学職員に無視されたと感じていた。

それは、そのまんま東の時も感じた。

さらにマスコミは攻撃するのではなく、知事知事と呼び、その才能を賞賛していた。

米国の新聞「シカゴ・トリビューン(Chicago Tribune)」やCNNによれば、ラリー・ナサルは、Arthur Ashe Courage Awardまで受賞している。

2017-02-17---米国体操連盟の元医師による3人の元選手が語る性的暴行。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。