2018年05月15日

東京メトロ、フィリピン鉄道訓練センターの支援を開始。

教育

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年05月16日に、東京メトロは2018年05月15日に、JICA(Japan International Cooperation Agency/国際協力機構)から、フィリピンで都市鉄道を運営・維持・管理する人材を持続的に育成するために設立された機関を支援する事業を受注し、業務を開始したと発表したと報告した。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

フィリピン政府がマニラ首都圏に設立した「PRI(Philippine Railway Institute/フィリピン鉄道訓練センター)」で、運転、土木、電気関連など、鉄道運営に関わる人材の全般的な技能向上を図る。

東京メトロは、運輸・交通計画などの構築を手掛ける東京都新宿区のオリエンタル・コンサルタンツ・グローバル(Oriental Consultants Globao)東京都新宿区のアルメックVPI(Almec VPI)と共同で「フィリピン国フィリピン鉄道訓練センター設立・運営能力強化支援プロジェクト」を受注した。

契約期間は2018年05月14日〜2023年06月30日の5年間。JICAからの委託を受けた技術支援の一環となる。

運輸省に対して、
◇都市鉄道の人材育成に関わる制度の策定
◇人材育成の仕組みの構築
◇人材育成を担う指導員の育成を支援する。

当初は7人の社員を出張ベースで派遣し、マニュアルやカリキュラムの作成、指導を行う予定にしている。

東京メトロの広報担当者は「フィリピンの鉄道システムの調査も含めて、安全で利便性の高い都市鉄道システムの構築に向け、幅広い支援を行っていく」とコメントした。

東京メトロはベトナムで都市鉄道運営のコンサルティング業務を手掛けてきた経験がある。ハノイでは昨年、現地法人を設立した。

2018-03-27---東京メトロ、「ドラえもん」で訪日客誘致
2017-12-08---東京メトロ、ホーチミン市都市鉄道の運営を支援。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

gaYa広告