on-the-time.jp

2018年05月11日

日本通運、チャンギ空港とフランクフルト空港で大型看板掲示。

経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年05月14日に、日本通運は2018年05月11日に、シンガポールのチャンギ空港(Changi Airport)とドイツ・フランクフルト空港(Frankfurt am Main Flughafen)で今月から大型看板広告を掲示すると発表した。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

日通は、現在取り組んでいる3カ年の経営計画の下、従来のビジネスモデルや企業風土から脱却し、世界の大手企業と競える「真のグローバルロジスティクス企業」となることを目指している。

この戦略の一環として、企業ブランドの認知度向上を目的に広報・宣伝活動を推進。東南アジア、欧州のハブ空港としてビジネス客の利用が多い両空港に大型看板を設置することを決めた。チャンギ空港では、第2ターミナルの入国エリアで12月まで掲示する。

広告で使用する「EXPRESS YOUR BUSINESS」のコピーは、個別の需要に応じて物流サービスを提供し、顧客の事業展開を加速させるという企業姿勢を、英語の社名「NIPPON EXPRESS」にかけて表現した。

【空港看板概要】

ドイツ・フランクフルト国際空港
掲載場所:ターミナル1 Pier A,A+,B,Z+ 4面
掲載期間:2018年5月1日〜2018年12月31日
シンガポール・チャンギ国際空港
掲載場所:ターミナル2 入国エリア 2面
掲載期間:2018年5月8日〜2018年12月17日

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告