2018年05月09日

SBI、韓国の少額海外送金サービス会社と提携。

モバイル・マネー

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年05月10日に、SBIホールディングス傘下の東京都港区にあるSBIリップルアジア(SBI Ripple Asia)は2018年05月09日に、韓国で少額海外送金サービスを手掛けるコインワン・トランスファー(Coinone Transfer)とライセンス契約を締結したと発表した。

コインワン・トランスファーの国際送金システムに、自社の金融機関向けのソフトウエア「xCurrent」を連携させ、ブロックチェーン(分散台帳技術)を活用した国際送金網を確立させる。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

送金手数料は韓国の既存銀行の数分の1ほどの安さで取引できるようになると見込まれている。

コインワン・トランスファーは2018年06月に少額海外送金サービス「Cross」の正式サービスを開始する予定で、送金システムに統合する「xCurrent」は、米国のリップル(Ripple)が提供するソフトウエアで、ブロックチェーンを使い、中央集権型ネットワークを介さずに、金融機関間の双方向通信・リアルタイム送金を可能とする。リップルのシステムを韓国で実用化されるのは今回が初めてということである。

コインワン・トランスファーは仮想通貨取引所「コインワン」を運営し、ブロックチェーンを活用した金融ソリューションを提供するコインワンの子会社だ。

そういえば、仮想通貨で大暴落があってもRippleだけは値上がりしていた。

2018-03-16---仮想通貨RippleのCEO、技術阻害しない方法で、規制強化を要求。
2018-02-26---SBI HDの子会社、夏めどに、仮想通貨取引所開業。
2017-10-18---仮想通貨「リップル」の日本の取引業者、預かり金詐取容疑で逮捕!

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。