2018年05月08日

シンガポールの陸上交通庁、自転車シェアの免許申請を受け付ける。

犯罪と裁判観光

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年05月07日に、シンガポールのLTA(Land Transport Authority陸上交通庁)は2018年05月04日に、自転車シェアサービスの免許制度を正式に導入すると発表した。

2018年05月08日から2018年07月07日まで、事業者からの免許申請を受け付ける。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

2018年03月に国会で成立した横行する迷惑駐輪に対処するのが狙いの改正駐車場法で、自転車シェアサービス事業者に免許取得を義務付けることが決まっていた。

免許の有効期間は最大2年。LTAは免許制導入に当たり、運営事業者ごとに車両台数の上限を設ける。

声明によると、「現行よりも控えめ」な台数に設定するという。ただ迷惑駐輪をうまく抑制し、車両の利用率が高い事業者に対しては、台数の上限を引き上げる可能性もあるという。

免許を取得した事業者は、LTAの規定に全面的に従う必要がある。違反した場合は、車両台数の上限引き下げや、最大S$(シンガポールドル)10万(約819万円)の罰金などのペナルティーが科される。

また運営事業者は、利用者の駐輪マナーの向上策を講じることが義務付けられる。これには、駐輪場にQRコードを掲示し、サービスの利用を終了する際に、スマートフォンで同コードを読み取ることを求め、従わなかった場合は課金を続ける仕組みを導入することも含まれる。

また、迷惑駐輪を行う利用者のデータを事業者間で共有し、1年間に3回以上、迷惑駐輪を行うと、どの事業者のサービスを利用していたかにかかわらず、全事業者のサービスの利用が1年間禁止される。

非常に厳しい連帯責任法である。

しかし、迷惑駐輪問題は、それだけ深刻ということである。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。