1834-05-05

ロシアの画家で、建築家ビクトル・ハルトマンが生まれた。

人物アート

ArtDailyは2019年05月05日に、ロシアの建築家で画家であったビクトル・アレキサンドロビッチ・ハルトマン(Виктор Александрович Гартман/Viktor Alexandrovich Hartmann/Viktor Hartmann/1834 - 1873)は、 サンクト・ペテルスブルグ(Saint Petersburg)で1834年05月05日に、ドイツ系の家族の一員として生まれた。

ハルトマンは、ドイツ語風の呼び名で、Гартманでは「ガルトマン」になる。
また、ウクライナ語に従えば「ハルトマン」となる。

幼い時に孤児になり、 サンクト・ペテルスブルで、母親の妹L.ヘミリアン(L. Hemilian)と、有名な建築家であった夫のアレクサンドルヘミリアン(Alexandre Hemilian)に引き取られた。彼はペテルブルク美術アカデミー(Academy of Fine Arts in Saint Petersburg/The Russian Academy of Arts in Saint Petersburg/Saint Petersburg Academy of Arts/Imperial Academy of Arts)で学び、当初は挿絵画家として活動した。
その後、彼はまた建築家として働き、1862年に発足したノヴゴロドのロシア1000周年記念碑(the monument to the thousandth anniversary of Russia in Novgorod)をスケッチした。

1864年から1868年まで外国を旅して、多くの水彩画や鉛筆画を残している。

ハルトマンは、イワン・ロペット(Ivan Ropet)と共に伝統的なロシアのモチーフを自作にとり入れた最初の美術家の一人で、1874年02月から03月までに、約400点の遺作が母校ペテルブルク美術アカデミーに展示された。

彼は、1870年にサバ・マモントフ(Savva Mamontov)、およびロシア復興のため、アブラムツェヴォ植民地(アブラムツェヴォ植民地)を守るために最初に組織に入った。

今回公開された作品は、パリ地下墓地(The Paris Catacombs)である。

彼は、39歳で、モスクワの近く、キレエビ(Kireyevo near Moscow)で動脈瘤によ1873年08月04日にり夭折した。