2018-05-02

マレーシアのスバン空港新線が開業。

観光

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年05月04日に、マレーシアの新聞「サン(Sundaily)」は2018年05月03日に、マレーシアの首都KL(Kuala Lumpur/クアラルンプール)市内のKLセントラル駅(KL central station)とスランゴール州スバン(Subang, Selangor)にあるスルタン・アブドゥル・アジズ・シャー空港(Sultan Abdul Aziz Shah Airport/スバン空港/Subang Airport)を結ぶ新鉄道路線「スカイパーク・リンク(Skypark Link)」が、2018年05月02日に開業した。

今月中は運賃が無料となると伝えた。

新線は、KTM(Keretapi Tanah Melayu/Malayan Railway/マレー鉄道)の近郊電車路線ポートクラン線(Port Klang Line)からスバンジャヤ駅(Stesen Subang Jaya/Subang Jaya Station)で分岐し、終点のスカイパーク・ターミナル(Skypark Tarminal)駅に至る。駅舎は空港ターミナルから300mの位置にある。

電車はスカイパーク・ターミナル駅とKLセントラル駅を28分で結び、途中スバンジャヤ駅にのみ停車する。建設費は5億2,100万リンギ(約145億円)。

新線はスバン空港の利用客にとって新たな交通手段となる。6月初めまでは運転間隔が1時間から3時間、それ以降は1時間に1本の運転となる。

スルタン・アブドゥル・アジズ・シャー空港(Sultan Abdul Aziz Shah Airport/スバン空港/Subang Airport)の緯度、経度
3°07'58.9"N 101°33'14.8"E
または、
3.133036, 101.554100