gaYa広告

2018年04月23日

カンボジアの絶滅危惧種のカワゴンドウ、「歴史的」な個体数増。

自然調査研究

AFPは2018年04月23日に、絶滅の危機にひんしているカンボジアの淡水イルカ、カワゴンドウ(Orcaella brevirostris/イラワジイルカ/Irrawaddy Dolphin)の個体数が、過去数十年で初めて増加に転じたと保護当局が、2018年04月23日に発表した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

丸く突き出した前頭部と短い口先で知られるカワゴンドウは、かつてはメコン川(Mekong River)の広い流域に生息していたが、ここ数十年間はカンボジア中部から北部の対ラオス国境にかけての190kmのみで観察されていた。

個体数推定が初めて行われた1997年には200頭居たカワゴンドウは、生息可能域の消失と破壊的な漁業慣行が原因で、2015年には80頭にまで減少した。

しかし、今年だけで新たに3頭が誕生するなど子の数が増え、さらに死ぬ数が減ったことで、回復傾向が確認された。

カンボジア当局とWWF(World Wildlife Fund/世界自然保護基金)の調査によれば、メコン川に生息するカワゴンドウの数は過去2年間で80頭から92頭に増加。WWFはこれを「歴史的増加」と評価している。

WWFカンボジア支部のセン・テク(Seng Teak)は、「何年も尽力を重ねた結果、象徴的存在のこのイルカを絶滅から救うことができると信じに足る根拠が得られた」と喜んだ。

WWFは、河川警備隊によるパトロールと、違法な刺し網の撤去が奏功したとみている。刺し網は、漁網を垂直に長期間固定するもので、イルカもこの網にかかって死ぬことがあるという。

2018-04-10---揚子江のスナメリは独立種、遺伝子変化で淡水に適応。
2017-12-09---ヨウスコウワニ1万匹、越冬のための「お引越し」
2015-06-21---地球は、6番目の大量の絶滅のふちに立っている。
2014-09-15---揚子江の古代のチョウザメは「ほぼ消滅。」
2014-06-03---ブラジル,アマゾンの淡水「ピンク・イルカ」の殺害をやめる計画。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。