2018年04月23日

いすゞ、小型軽量トラック「トラガ」をインドネシアで投入。

経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年04月24日に、いすゞ自動車は2018年04月23日に、新興国向けに開発したキャブオーバー型軽量トラック「TRAGA(トラガ)」をインドネシアで発売したと報告した。

小型トラック「エルフ」より小型のモデルで、現在、いすゞのラインアップにはない新しいセグメントに参入する。

農家など小売り需要を取り込み、今年は3,000台の販売を目指すことにしている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

私は以前から、日本の農家が多く採用しているスバルや鈴木のバンや軽トラをなぜ東南アジアで売らないのかと考えている。

インドネシアの首都ジャカルタで世界初公開した。

いすゞ自動車の片山正則社長は「インドネシアを国際戦略上の最重要市場として位置付け、新セグメントに挑戦する場として選んだ」と説明した。東南アジアなど他の新興国へも輸出する方針だと話した。

トラガの車両総重量(GVW)は約3トンで排気量は2500cc。平ボディーと、ボックスの2車型を展開する。

積載効率や小回り性、省燃費など同セグメントで求められる性能強化に注力し、競合他社との差別化を図った。

荷台内寸は長さが2.8mで幅が約1.6m、最小回転半径は4.5m、燃費性能は競合より約2割改善した。平ボディーのジャカルタでの販売価格は1億9,000万ルピア(約148万円)。

世界戦略モデルとして、タイにある新興国向けトラック開発統括会社「IGCE(Isuzu Global CV Engineering Centerいすゞ・グローバル・CVエンジニアリング・センター)」と日本で共同開発し、インドネシアのIAMI(Isuzu Astra Motor Indonesia/いすゞアストラモーターインドネシア)が2月に生産を開始した。

現地調達率は52%、欧州排ガス基準は「ユーロ2(EURO2)」に対応した。

ピックアップトラック「D―マックス(D-MAX)」をベースにし、「トラガ」で使用する部品の68%をD―マックスなど既存の車種と同じものにした。これによりスペアパーツなど部品供給も効率化でき、アフターセールスの強化にもつながるという。

4月にIAMIの新社長に就任したエルナンド・デミリー社長は「(2年間の任期内に)顧客の需要に適切に応えて競争力を強化する。

「トラガ」はまさにその戦略の一環だ」と述べた。IAMIの可児卓治ディレクター(販売・マーケティング・アフターサービス担当)は「パームヤシや野菜などを運ぶ農家の需要に応えられるモデル」と述べた。ジャワ島東部やスマトラ島で販売台数が伸びると見込んでいる。

GAIKINDO(Gabungan Industri Kendaraan Bermotor Indonesia/The Association of Indonesia Automotive Industries/ガイキンド/インドネシア自動車製造業者協会)によると、「トラガ」と同じセグメント(中型ピックアップ)になる三菱自動車の「L300」は、2017年通年の販売台数が2万3,170台だった。

2017-08-22---インドネシアの三菱自動車爆発!GIIASでの予約台数合計6,374台!
2017-08-20---インドネシアの三菱自動車新小型MPV車。先行予約で4,300台。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

この記事に関連する外部のサイト