2018年04月18日

豪とNZ、経済成長率3%と、IMFが予測。

経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年04月19日に、地元のメデイァは2018年04月18日に、IMF(International Monetary Fund/国際通貨基金)は、2018年04月17日に発表した最新の世界経済見通し(World-Economic-Outlook)の中で、2018年のオーストラリアとニュージーランド(NZ)の経済成長率が3%となると予測した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

世界経済の成長率は2018年は3.9%、2019年は3.8%となるとされ、先進国における企業投資と新興国における家計消費の回復が、世界経済の成長を後押ししていると指摘した。

IMFは、オーストラリア経済の成長率が、2018年には3%、2019年には3.1%になると予測した。
2017年の成長率は2.3%だった。

また経済成長により、失業率も現在の5.6%から2018年は5.3%に、2019年には5.2%に改善するとしている。

連邦政府のモリソン(Hon Scott Morrison)財務相は、回復基調にある世界経済と国内経済の動向を予算案に反映するとしている。

モリソン財務相は、「IMFの報告は、予算案を策定中の連邦政府の経済見通しを裏付ける内容」と述べた。

RBA(Reserve Bank of Australia/オーストラリア連邦準備銀行)が公表した前回会合の議事録でも、国内の家計消費と企業投資に回復が見られることが強調されている。

またRBAによる最新予測では、2018年の経済成長率は3%、2019年は3.25%とされている。

IMFは、ニュージーランド経済について成長率が3%で安定推移すると予測した。政府支出の増加により、住宅投資の低迷や干ばつの影響による農産物輸出の減速を相殺できると指摘した。

また経済や財政が堅調なため、インフラ整備への資金投入など人口増加に対処する余裕もあるとし、ニュージーランド政府が推進する住宅関連政策「キウイビルド」などを通じて資金不足のインフラ整備問題を改善できると指摘する。

またIMFは、低迷を続けてきた世界経済の成長率は、企業投資や貿易の増加で昨年から改善傾向にあり、米国の法人税減税なども寄与して、今後も回復を続けると予想する。

一方で、中国と米国間の貿易摩擦により、成長が妨げられる恐れもあると指摘している。

IMFによれば、オーストラリアの最大の貿易相手国である中国の2018年の経済成長率は6.6%、米国は2.9%となるという。

これではもう、中国や米国に投資はできない。

また、ZUU Onlineは2018年04月20日に、IMF予測は世界経済は2020年から、米国成長率の急降下し「冬の時代」を予想。日本の成長率はわずか0.3%に失速?と予測していると報告している。

シリア情勢や米中貿易戦争がヘッドラインをにぎわせているが、ウォール街がより神経を尖らせているのは「ロシア疑惑」であると伝えた。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。