2018年04月18日

インドネシアの断食大祭休暇は12連休!

観光

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年04月19日に、インドネシア政府は2018年04月18日に、2018年06月15〜16日のイスラム教の断食明け大祭(レバラン/Lebaran)に伴う有給休暇一斉消化日をさらに3日間を追加すると発表した。

2018年04月18日に、正式に関連規定を公布した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

これによって、レバラン休暇はその前後の週末休暇を含め、最長で2018年06月09日から20日までの12連休となる。

今回追加した有給休暇一斉消化日は、レバラン前の2018年06月11〜12日(月〜火曜)と、レバラン後の2018年06月20日(水)の3日間。アスマン国家機関強化・官僚改革相、ハニフ労相、ルクマン宗教相の3人が同日、有給休暇一斉消化日の変更に関する共同大臣通達に署名した。

有給休暇一斉消化日は、当初4日間が設定されていたが、これで計7日間となった。

今年のレバランに伴う有給休暇一斉消化日は、2010年以降では最も多い。15年、16年はそれぞれ3日間、17年は4日間だった。

今回の政府決定により、今年の公休日は、祝祭日が16日間、有給休暇一斉消化日が8日間の計24日間となる。

平素でも大停滞のインドネシアで、この連休は死人が出るかもしれない。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。