gaYa広告

2018年04月17日

インドネシア最大のイスラム団体、台湾と覚書。

経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年04月19日に、インドネシア最大のイスラム団体NU(Nahdlatul Ulama/ナフダトゥル・ウラマー)と台湾企業のASEAN(Association of South‐East Asian Nations/東南アジア諸国連合)への進出を支援するTABC(Taiwan-ASEAN Business Council/台湾ASEANビジネス協議会/台灣東協商會)は2018年04月17日に、台北市内で投資分野でのMOU(Memorandum of Understanding/提携覚書)を締結したと、TABCの盧日勝理事長(TABC Chairman Lu Jih-sheng)が話したと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

スマート農業(smart-agri,/smart-agriculture)やスマートシティー(Smart City)などの分野で協力を強化する。

台湾で、唯一の国営通信社である「中央通訊社(Central News Agency/中央通信社)」などは2018年04月17日に、NUの会員数は9,100万人超で、傘下に教育機関1万2,000校以上、医療機関50カ所以上を抱えるインドネシアで最も影響力のあるイスラム団体。

TABCの盧日勝理事長は「当協会は、蔡英文政権が進めるASEANやインドなどの『新南向(新南進)』政策対象国との関係強化策を支援しており、NUとの提携により、スマート農業やスマートシティー、医療テクノロジー(HealthTech)、ITを活用した先進的な金融サービス『フィンテック(Fintec)』などの分野で協力を強化したい」と意気込んだと伝えた。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告