gaYa広告

2018年04月17日

インドネシア最大のイスラム団体、台湾と覚書。

経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年04月19日に、インドネシア最大のイスラム団体NU(Nahdlatul Ulama/ナフダトゥル・ウラマー)と台湾企業のASEAN(Association of South‐East Asian Nations/東南アジア諸国連合)への進出を支援するTABC(Taiwan-ASEAN Business Council/台湾ASEANビジネス協議会/台灣東協商會)は2018年04月17日に、台北市内で投資分野でのMOU(Memorandum of Understanding/提携覚書)を締結したと、TABCの盧日勝理事長(TABC Chairman Lu Jih-sheng)が話したと報告した。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

スマート農業(smart-agri,/smart-agriculture)やスマートシティー(Smart City)などの分野で協力を強化する。

台湾で、唯一の国営通信社である「中央通訊社(Central News Agency/中央通信社)」などは2018年04月17日に、NUの会員数は9,100万人超で、傘下に教育機関1万2,000校以上、医療機関50カ所以上を抱えるインドネシアで最も影響力のあるイスラム団体。

TABCの盧日勝理事長は「当協会は、蔡英文政権が進めるASEANやインドなどの『新南向(新南進)』政策対象国との関係強化策を支援しており、NUとの提携により、スマート農業やスマートシティー、医療テクノロジー(HealthTech)、ITを活用した先進的な金融サービス『フィンテック(Fintec)』などの分野で協力を強化したい」と意気込んだと伝えた。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。