gaYa広告

2018年04月17日

米国で、女性の上半身が機外に、乗客ら引っ張り戻す。

観光

朝日新聞デジタルは2018年04月19日に、米国のニューヨーク(NewYork)発ダラス(Dallas)行きサウスウェスト航空(Southwest Airlines)のボーイング737型機(Boing 737)Flight 1380(乗客143人と乗組員5人)の左翼エンジンが2018年04月17日(日本時間18日)、飛行中に破損して客室の窓ガラスが割れて緊急着陸した事故で、女性客1人が窓から機外へ吸い出されそうになった当時の状況が明らかになった。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

上半身が機外に出た女性を乗客が機内に引っ張り戻したというが、女性は搬送先の病院で死亡が確認された。

アメリカの旅客機が自国領空内で死亡事故を起こすのは、2009年以来で初めてのころであった。

当局の発表や米国メディアによると、ニューヨーク発ダラス行きの旅客機が高度約1万mを飛行中に左側のエンジンが大きな音を立てて大破し、飛び散った金属片でエンジン付近の窓ガラスや機体が損傷した。

機長は乗客と乗組員がマスクなしでも呼吸ができるよう、機体を1万フィート(約3,000m)まで降下させ、フィラデルフィア国際空港(Philadelphia International Airport)に通常の時速約250kmを上回る、時速約305kmで着陸した。

死亡した女性のほか、乗客7人が負傷した。NTSB(National Transportation Safety Board/国家運輸安全委員会)が事故原因を調べている。

死亡したのは、ジェニファー・リオダン(Jennifer Riordan)。目撃情報によると、衝撃音の後ジェニファー・リオダンが、ガラスのなくなった窓から吸い出されそうになった。乗客の一人は「彼女の胴体の半分が窓の外に出ていた。飛んできた金属片の直撃を受け、ひどく出血していた」と米国のメディアに証言した。

乗客らが体を引っ張って機内に戻したがジェニファー・リオダンは意識不明で、心肺機能の蘇生など機内で救命活動が続いたという。

衝撃音から緊急着陸までの時間は約22分間。機体が急激に傾き、機内が減圧する中、乗客は天井から下りてきた酸素マスクを装着。男性客が自分の背中で破損した窓を覆い、減圧を防ごうとしていたという。

一部の乗客がすすり泣き、取り乱す中、「大丈夫だ」と冷静になるように呼びかける声も響き渡っていた。

家族に手紙を書き始めた人もいた。

混乱と動揺が広がる中、男性客の一人は自席でパソコンを立ち上げ、クレジットカード番号を入力して有料のインターネットサービスに接続した。
Facebookにメッセージや動画を投稿した。

と米国のメディアに出演したこの男性は「自分にどれだけの時間が残されているのかわからなかったが、愛する人にメッセージを送りたかった。誰に、どの順番で送ろうかと考え、多くの人に同時発信できるFacebookを選んだ」と当時の心境を振り返った。

左側のエンジンが止まったまま同機を緊急着陸させたのは、元海軍パイロットのタミー・ジョ・シュルツ(Tammie Jo Shults)機長。約30年前に海軍でFA18ホーネット戦闘機などの操縦を学んだ最初の女性の一人という。

ソーシャルメディアには「彼女の知識と指導力、勇気に深く感謝する。」などと、たたえる書き込みが相次いだ。

NTSBの調査は初期段階だが、エンジンが金属疲労を起こしていた可能性が指摘されている。

エンジンは激しく損傷しており、エンジンを覆うカバー「カウル」は飛行中に落下し、フィラデルフィアの北西約100kmの地点で見つかった。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

gaYa広告