on-the-time.jp

2018年04月17日

インドの紙幣不足、6州に拡大!

経済モバイル・マネー銀行

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年04月18日に、インドで紙幣が不足する地域が広がってきた。現時点で6州がこの問題に直面していると報告した。

インドの新聞「タイムズ・オブ・インディア(Times of India)」は2018年04月17日に、当局が紙幣を貯め込んでいることなどが背景にあるとみられると伝えた。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

紙幣不足(Lack of Print More Currency)は数週間前に南部アンドラプラデシュ(ఆంధ్ర ప్రదేశ్/Andhra Pradesh)州、テランガナ(తెల౦గాణ/تلنگانہ/Telangana)州、中部マディヤプラデシュ(मध्य प्रदेश/Madhya Pradesh)州で初めて確認された。その後、西部マハラシュトラ(महाराष्ट्र/Maharashtra)州の一部、同グジャラート(ગુજરાત/Gujarat)州、東部ビハール(बिहार/Bihār)州に広がっている。

インドでは2016年11月に始まった紙幣刷新の影響で流通紙幣が一時減少したが、状況は徐々に改善。インド準備銀行(中央銀行)によると、2018月6日時点の流通額は18兆1,700億ルピー(約29兆7,000億円)で、紙幣刷新前の水準に近くになった。

銀行業界では、当局が2,000ルピー札の一部を市場に流通させておらず、預金保険の法改正などが引き金となって、現金の引き出しが増えたことが要因として挙げられている。

もともとインドがモバイル・マネー導入計画を発表してから予測されていた。

モバイル・マネーの浸透で、紙幣は不要になるはずだった。

ところが、ATMの方が、早く浸透し、どこでも現金が引き出せるようになって、紙幣が足らなくなった。

科学の進歩、技術の進化は、とんでもないものまで連れてくる。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。