gaYa広告

2018年04月17日

インドの紙幣不足、6州に拡大!

経済モバイル・マネー銀行

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年04月18日に、インドで紙幣が不足する地域が広がってきた。現時点で6州がこの問題に直面していると報告した。

インドの新聞「タイムズ・オブ・インディア(Times of India)」は2018年04月17日に、当局が紙幣を貯め込んでいることなどが背景にあるとみられると伝えた。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

紙幣不足(Lack of Print More Currency)は数週間前に南部アンドラプラデシュ(ఆంధ్ర ప్రదేశ్/Andhra Pradesh)州、テランガナ(తెల౦గాణ/تلنگانہ/Telangana)州、中部マディヤプラデシュ(मध्य प्रदेश/Madhya Pradesh)州で初めて確認された。その後、西部マハラシュトラ(महाराष्ट्र/Maharashtra)州の一部、同グジャラート(ગુજરાત/Gujarat)州、東部ビハール(बिहार/Bihār)州に広がっている。

インドでは2016年11月に始まった紙幣刷新の影響で流通紙幣が一時減少したが、状況は徐々に改善。インド準備銀行(中央銀行)によると、2018月6日時点の流通額は18兆1,700億ルピー(約29兆7,000億円)で、紙幣刷新前の水準に近くになった。

銀行業界では、当局が2,000ルピー札の一部を市場に流通させておらず、預金保険の法改正などが引き金となって、現金の引き出しが増えたことが要因として挙げられている。

もともとインドがモバイル・マネー導入計画を発表してから予測されていた。

モバイル・マネーの浸透で、紙幣は不要になるはずだった。

ところが、ATMの方が、早く浸透し、どこでも現金が引き出せるようになって、紙幣が足らなくなった。

科学の進歩、技術の進化は、とんでもないものまで連れてくる。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告