2018年04月17日

オーストラリアへの移民は、50年でA$97億の財政に貢献!

経済研究調査

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年04月18日に、オーストラリアの新聞「オーストラリアン(The Australian)」などは2018年04月17日に、連邦政府の財務省と内務省が行った調査「SHAPING A NATION Population growth and immigration over time」により、オーストラリアでは、移民による財政への貢献額が今後50年間でA$(豪ドル)97億(約8,067億円)に上る見通しであることが明らかになった。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

移民がもたらす税収の増加やGDP(Gross Domestic Product/国内総生産)成長率の上昇などの恩恵の方が、コストよりも大きいという。

連邦政府の財務省と内務省が行った調査によれば、2014/15年に永住権を取得した移民が今後50年間にもたらす財政への貢献額は、技術移民でA$69億、配偶者や両親など家族関係の移民でA$16億に上るという。

難民や人道的理由による移民については支出はA$27億上回るが、長期就労者ビザの取得者も合わせると、移民により今後50年間で合計A$97億の財政的利益が得られると予想する。

この調査は「技術移民の納税額は、政府のサービスの利用額を上回る」とし、「技術移民を推奨する現行の移民政策下で、移民はオーストラリア経済に恩恵を与える」と指摘した。

さらに、年間19万人を上限とする現行の移民受け入れ数の維持により、高齢化による労働市場への影響が緩和されるため、20〜50年の年間GDP成長率が0.5〜1%押し上げられるとする一方、オーストラリア出身者の賃金、労働時間、雇用率には影響を与えないという。

ただし、人口増加がインフラ整備や住宅価格、交通渋滞への圧力、環境への負荷を高めるとも指摘した。移民による経済的恩恵を十分に得るためには、これら課題への効果的な解決策を見いだす必要があるという。

トニー・アボット(Anthony John "Tony" Abbott)前首相は、インフラ問題や社会的な団結力の低下を理由に、移民数の上限を8万人削減し、年間11万人とすることを主張している。2017年には、上限を2万人削減する案も政府内で検討されたが、スコット・モリソン(Scott Morrison)財務相などが移民数の削減ではなく、インフラ整備に注力するべきだとし、却下されている。財務相は、来月の予算案においてもこの方針は変わらないとしている。

つまり、移民を働かせることで、オーストラリア人は食っていける!

移民をどんどん受け入れることで、オーストラリアの経済は豊かになる。

そういえば、オーストラリアは人口の割に資源が多いので、それを発掘する人が不足しているのを補えば、国は豊かになる?単純!

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。