2018年04月17日

米国のCIA長官、極秘に金正恩と面会!><

政治

日本経済新聞 電子版は2018年04月18日に、米国の新聞「ワシントンポスト(Washington Post)」は2018年04月17日に、次期の米国国務長官(Secretary of State)に指名されたマイク・ポンペオ(Michael Richard "Mike" Pompeo)CIA(Central Intelligence Agency/米国中央情報局)長官が数週間前にトランプ米大統領の特使として北朝鮮を極秘に訪問し、北朝鮮の金正恩(김정은/Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長と面会していたと報じた。ドナルド・トランプ(Donald Trump)米国大統領と金委員長との首脳会談に向けた調整を進めたと報告した。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

訪朝時期は3月末から4月1日にかけてのイースター(復活祭)休暇の間のようである。米国の閣僚の訪朝は、クリントン政権下の2000年10月にオルブライト国務長官が訪朝した例がある。オルブライトは金正日(キム・ジョンイル)総書記と会談し、クリントンの訪朝を巡って協議した。最終的にクリントンの訪朝は実現しなかった。

これに関連し、ドナルド・トランプ米国大統領は2018年04月17日に、米朝首脳会談に向けた「極めてハイレベル」な高官による直接協議を進めていることを明かした。

安倍晋三首相との首脳会談の少人数会合の冒頭で記者団に語った。米朝はすでに複数回接触したことが明らかになっているが、ポンペオの訪朝を含め、米朝が高官協議を通じて突っ込んだやり取りをしているとの認識を示したものである。

ただ、調整がうまくいかなければ会談そのものが「開かれないこともあり得る」と指摘した。

サラ・エリザベス・ハッカビー・サンダース(Sarah Elizabeth Huckabee Sanders)大統領報道官はポンペオの訪朝について「コメントしない。」との声明を出した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。