on-the-time.jp

2018年04月17日

中国、2022年までに段階的に、車の外資規制撤廃。

経済EV

朝日新聞デジタルは2018年04月18日に、中国政府は2018年04月17日に、2022年までに自動車生産の外資規制を廃止すると発表した。

外資が中国の自動車メーカーに50%を超えて出資できるようになり、経営権を握れるようになる。

外資は歓迎しているが、実際に出資比率の引き上げにつながるかは不透明である。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

外資は歓迎しているが、実際に出資比率の引き上げにつながるかは不透明である。

日産自動車は「海外の技術が積極的に導入され、競争が活発になれば、中国市場の活性化につながる」(広報)と期待する。東風汽車(湖北省)と折半出資で合弁会社をつくったのは03年。出資比率を過半に引き上げれば、新車開発や生産体制の見直しを主導できるが、「今の関係を崩してすぐに出資比率を上げることはない」と、出資比率の引き上げは慎重である。

トヨタ自動車の幹部も「合弁先とのやりとりに不便を感じているわけではない。すぐに動くことはないのではないか」と話した。

一方、11年に中国進出を発表したスバルは、筆頭株主のトヨタと同一の企業として扱われ、合弁相手を2社までに制限する規制が壁になって、今も中国政府から認可がおりていない。

この規制が2022年に撤廃されれば、現地生産の道が開かれる可能性があるが、スバルは日本と米国に経営資源を集中させており、新たな巨額投資が必要な中国進出に踏み切るかは見通せない。

中国の経済官庁・国家発展改革委員会(国家发展和改革委员会)が2018年04月17日に、公表した内容は、2018年に特殊な装備がついた「専用車」と、電気自動車など新エネルギー車、2020年に商用車、2022年に乗用車について資本規制を廃止する。
2022年には、外資が現地企業と合弁会社をつくる際に、合弁相手を2社までに制限している規制もなくす。

■外資規制の緩和スケジュール
2018年 専用車(特殊な装備がついた車)、新エネルギー車、船舶、飛行機
2020年 商用車
2022年 乗用車。地場メーカーの合弁相手を最大2社までとする規制も撤廃

中国政府は現在、外資が現地企業と合弁会社をつくって中国で自動車製造を営む場合、外資は最大50%までしか出資できないとする規制を設けている。外資にとっては利益の受け取りが制限されるうえ、経営権が握れず、技術が流出しやすい問題点があった。

自動車生産の外資規制の緩和については、中国の国家主席習近平(习近平/President Xi Jinping)が4月に中国海南省であった「ボアオ・アジアフォーラム(Boao Forum for Asia/博鳌亚洲论坛)」で表明していたが、具体的なスケジュールは示していなかった。

ここに来て、中国が資本規制の廃止に動いたのは、成長率が6%台後半まで鈍った経済を外資の導入で活性化させたいからだ。

規制の廃止で、外資は全額出資も可能になる。

外資が中国で事業展開する上での問題を解決して中国市場の魅力を高め、競争や協力を通じて国内企業を鍛える計画を描いている。自動車産業では、合弁を通じて地場メーカーが経営体力をつけており、外資と正面から競える環境が整ったと判断したとみられる。貿易摩擦が深刻化する米国からの批判をかわすカードにする狙いもありそうだと伝えている。外資は歓迎しているが、実際に出資比率の引き上げにつながるかは不透明である。

日産自動車は「海外の技術が積極的に導入され、競争が活発になれば、中国市場の活性化につながる」(広報)と期待する。東風汽車(湖北省)と折半出資で合弁会社をつくったのは03年。出資比率を過半に引き上げれば、新車開発や生産体制の見直しを主導できるが、「今の関係を崩してすぐに出資比率を上げることはない」と、出資比率の引き上げは慎重である。

トヨタ自動車の幹部も「合弁先とのやりとりに不便を感じているわけではない。すぐに動くことはないのではないか」と話した。

一方、11年に中国進出を発表したスバルは、筆頭株主のトヨタと同一の企業として扱われ、合弁相手を2社までに制限する規制が壁になって、今も中国政府から認可がおりていない。

この規制が2022年に撤廃されれば、現地生産の道が開かれる可能性があるが、スバルは日本と米国に経営資源を集中させており、新たな巨額投資が必要な中国進出に踏み切るかは見通せない。

中国の経済官庁・国家発展改革委員会(国家发展和改革委员会)が2018年04月17日に、公表した内容は、2018年に特殊な装備がついた「専用車」と、電気自動車など新エネルギー車、2020年に商用車、2022年に乗用車について資本規制を廃止する。
2022年には、外資が現地企業と合弁会社をつくる際に、合弁相手を2社までに制限している規制もなくす。

■外資規制の緩和スケジュール
2018年 専用車(特殊な装備がついた車)、新エネルギー車、船舶、飛行機
2020年 商用車
2022年 乗用車。地場メーカーの合弁相手を最大2社までとする規制も撤廃

中国政府は現在、外資が現地企業と合弁会社をつくって中国で自動車製造を営む場合、外資は最大50%までしか出資できないとする規制を設けている。外資にとっては利益の受け取りが制限されるうえ、経営権が握れず、技術が流出しやすい問題点があった。

自動車生産の外資規制の緩和については、中国の国家主席習近平(习近平/President Xi Jinping)が4月に中国海南省であった「ボアオ・アジアフォーラム(Boao Forum for Asia/博鳌亚洲论坛)」で表明していたが、具体的なスケジュールは示していなかった。

ここに来て、中国が資本規制の廃止に動いたのは、成長率が6%台後半まで鈍った経済を外資の導入で活性化させたいからだ。

規制の廃止で、外資は全額出資も可能になる。

外資が中国で事業展開する上での問題を解決して中国市場の魅力を高め、競争や協力を通じて国内企業を鍛える計画を描いている。自動車産業では、合弁を通じて地場メーカーが経営体力をつけており、外資と正面から競える環境が整ったと判断したとみられる。貿易摩擦が深刻化する米国からの批判をかわすカードにする狙いもありそうだと伝えている。外資は歓迎しているが、実際に出資比率の引き上げにつながるかは不透明である。

日産自動車は「海外の技術が積極的に導入され、競争が活発になれば、中国市場の活性化につながる」(広報)と期待する。東風汽車(湖北省)と折半出資で合弁会社をつくったのは03年。出資比率を過半に引き上げれば、新車開発や生産体制の見直しを主導できるが、「今の関係を崩してすぐに出資比率を上げることはない」と、出資比率の引き上げは慎重である。

トヨタ自動車の幹部も「合弁先とのやりとりに不便を感じているわけではない。すぐに動くことはないのではないか」と話した。

一方、11年に中国進出を発表したスバルは、筆頭株主のトヨタと同一の企業として扱われ、合弁相手を2社までに制限する規制が壁になって、今も中国政府から認可がおりていない。

この規制が2022年に撤廃されれば、現地生産の道が開かれる可能性があるが、スバルは日本と米国に経営資源を集中させており、新たな巨額投資が必要な中国進出に踏み切るかは見通せない。

中国の経済官庁・国家発展改革委員会(国家发展和改革委员会)が2018年04月17日に、公表した内容は、2018年に特殊な装備がついた「専用車」と、電気自動車など新エネルギー車、2020年に商用車、2022年に乗用車について資本規制を廃止する。
2022年には、外資が現地企業と合弁会社をつくる際に、合弁相手を2社までに制限している規制もなくす。

■外資規制の緩和スケジュール
2018年 専用車(特殊な装備がついた車)、新エネルギー車、船舶、飛行機
2020年 商用車
2022年 乗用車。地場メーカーの合弁相手を最大2社までとする規制も撤廃

中国政府は現在、外資が現地企業と合弁会社をつくって中国で自動車製造を営む場合、外資は最大50%までしか出資できないとする規制を設けている。外資にとっては利益の受け取りが制限されるうえ、経営権が握れず、技術が流出しやすい問題点があった。

自動車生産の外資規制の緩和については、中国の国家主席習近平(习近平/President Xi Jinping)が4月に中国海南省であった「ボアオ・アジアフォーラム(Boao Forum for Asia/博鳌亚洲论坛)」で表明していたが、具体的なスケジュールは示していなかった。

ここに来て、中国が資本規制の廃止に動いたのは、成長率が6%台後半まで鈍った経済を外資の導入で活性化させたいからだ。

規制の廃止で、外資は全額出資も可能になる。

外資が中国で事業展開する上での問題を解決して中国市場の魅力を高め、競争や協力を通じて国内企業を鍛える計画を描いている。自動車産業では、合弁を通じて地場メーカーが経営体力をつけており、外資と正面から競える環境が整ったと判断したとみられる。貿易摩擦が深刻化する米国からの批判をかわすカードにする狙いもありそうだと伝えている。

つまり、中国の目くらまし、規制緩和である。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告