2018年04月17日

フィリピンで、韓国系半導体SFA、2017年は増収減益。

経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年04月17日に、半導体後工程を手掛ける韓国系SSPC(SFA Semicon Philippines/SFAセミコン・フィリピン)が発表した2017年決算は、売上高が前年比21%増のUS$2億777万(約223億3,000万円)、純利益が71%減のUS$183万だった。

半導体の世界市場が前年比22%増と過去最高を記録する中、販売は伸びたが、価格下落とコスト上昇で大幅な減益となったと報告した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

生産量は11%増の6億5,500万枚。

内訳は半導体メモリーのDDR4が4億2,700万枚、DDR3が1億2,100万枚、メモリーチップが6,900万枚、フラッシュメモリーカードが2,300万枚、スマートフォンなどに使われる容量128〜256ギガバイト(GB)の組み込み用マルチメディアカード(eMMC)が1,500万枚だった。

SSPCは昨年、生産をDDR3中心からDDR4やeMMCへシフトした。

総輸出額は、前年のUS$16億1,000万から90%増のUS$30億6,000万に拡大。パンパンガ州のクラーク自由港特別経済区(CFSEZ)の入居企業では最大だった。2017年末時点の総資産は、工場の第2期拡張により前年比11%増のUS$1億8,418万となった。

SSPCのゴ・ビュンギル(Byunggil Go)社長は、昨年は半導体最終製品市場の予想外の回復により、OSAT(Out Source Assembly and Test/半導体後工程の受託請負)業界では原材料費が上昇したほか、競争激化で価格が低下したと指摘。製造工程の改善や原材料の調達先変更などでコスト削減を進めているという。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告