2018年04月16日

韓国で、「スマート農場」が若者を取り込み、拡大へ!

食品健康

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年04月17日に、農林畜産食品部(농림축산식품부)は2018年04月16日の経済関係閣僚会議で、最先端のICT(Information And Communication Technology/情報通信技術)を活用して作物を栽培したり、家畜を飼育したりする「スマート農場(Smart farm)」の拡大に向けた対策を発表したと報告した。

若い専門家600人以上を養成し、新技術を集約した大規模なスマート農場団地を設ける。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

「スマート農場」に関連した産業で2022年までに4,300人の雇用を新たに生み出すことを計画している。

「スマート農場」では、IoT(Internet of Thingsモノのインターネット)を活用し、ビッグデータを通じて作物や家畜の生育環境に関する様々な情報を収集する。スマートフォンやパソコンを通じて遠隔からでも生育環境を管理できるようにし、肥料のやりすぎや電力の無駄をなくす。

これまで農家単位で取り組んできたスマート農場普及戦略を補完し、特に若者を多く取り込む計画で、専門教育課程を新設し、2022年までに600人以上の専門家を育てる。これらの若者が適正な賃料を支払うだけでスマート農場を立ち上げられるよう場所も確保し、低利の資金支援も行う。

この分野は、日本が以前から水耕栽培などで取り入れられていた。
特に、今年の春は雪により野菜が高騰し、サラダも食べられなくなった。
私は以前から、水耕栽培を好んで食べてきたので、すぐに切り替え、野菜に不自由しなかった。

この考えを牛や豚、鶏に取り入れることも研究されている。
残飯で育てた豚より、肉が柔らかく、見た目も綺麗である。

2020年の東京オリンピックでは、ぜひ取り入れてほしい。

都市鉱山で金メダルを作るより、簡単である。

例えば、湾岸地区の広大な土地を「スマート農場」にすべきだろう。

海の水からミネラルを抽出し、肥料にすることも可能である。

小池百合子知事は、このままでは次の知事選に落選する!

次の知事選で当選したいなら、チャラチャラした服を脱ぎ、つなぎの作業服で、「スマート農場」を運営して、東京中に安い野菜を提供すべきである。

小池百合子知事は、金魚のうんこ報道で、私を嫌っているだろうが、私は間違った行動が嫌いなだけである。

これなら、エジプトやサウジにも貢献できる。

2018-04-10---台湾のスマート農園の源鮮、イギリスで垂直農法の野菜工場設置。
2018-01-25---栃木の元ゴルフ場経営企業。ラオスでブルーベリー栽培。
2017-12-14---ベトナムのホーチミン市農業商談会で、日系10社がPR!
2017-10-30---NASA飛行士がISSで野菜収穫。
2017-08-18---サカタのタネ、2018年04月にハノイで現地法人を設立。
2017-04-10---北海道産ジャガイモ不足!相次ぐ、ポテトチップス販売休止!?
2017-02-10---山梨の「宇宙桜」、震災被災地へ!
2015-10-22---宇宙から牛の体重を監視する牧畜業者向け新技術。
2015-03-31---宇宙から帰還した蟻は、ゼロGとよく組み合う。
2014-10-06---なぜインドの衛生危機は、トイレ以上か。
2014-09-20---コレラの原因だった排泄物から、テーブルに食品を届ける。
2014-05-02---宇宙飛行士は宇宙食コンテストを開始。
2014-04-15---岐阜の「宇宙桜」の謎に、僧侶と科学者ら当惑。
2014-02-12---軍事用ピザは、究極の目的向けに近い。
2013-06-16---テレシコワ,宇宙旅行50周年。「Эй! Небо, сними шляпу!」
2013-05-23---テクノロジーが、ガーデニング、ペット・ショップを変革。
2013-04-02---NASA宇宙計画で開発した人工品の展示会をNASAに依頼。
2013-02-20---宇宙で野菜を作る「Veggie(菜食主義者)」システム。
2012-07-19---中国有人宇宙船「神舟9号」の宇宙食。
2011-11-23---食品科学者は、宇宙での感謝祭について、議論する!
2011-09-12---NASAは、学校と大学へシャトルのタイルと、宇宙食を提供。
2009-12-13---宇宙ステーションの生活と仕事と食事。
2008-09-03---アフリカ最大のスラム、ケニアのキベラが野菜畑に変わり始めた!

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。