gaYa広告

2018年04月17日

大阪・ミナミで、違法カジノ急増。

経済教育オンライン・ショップ健康観光アート経済政治スポーツ宗教音楽自然ファッション戦争と平和性とメディアモバイル・マネー調査研究犯罪と裁判

毎日新聞は2018年04月17日に、大阪市の繁華街ミナミで違法カジノ店が急増している。
関係者によると、パソコンさえあれば開設できる「インターネットカジノ」が多く、全国的に増えているという。

参入を巡って暴力団関係者らの襲撃事件に発展するケースも出てきた。違法カジノの実態はどうなっているのか?毎日新聞の記者が夜のミナミを歩いたと報告した。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

2018年04月中旬の午後10時ごろ。ネオンがともる飲食店街を歩くと、カジュアルな私服姿の若い客引きの男性が「『インカジ』『闇スロ』『めくり』、何でもありますよ。」と、声をかけてきた。

インカジは、インターネットカジノの略で、闇スロは賭博性の高い非合法のスロット店。めくりはバカラの隠語だという。

「問題ないのか」と尋ねると、男性は笑い飛ばした。「警察に聞かれても、『ゲーム喫茶だと思った。』と言えばセーフだ」

別の客引きの男性によると、手軽さで人気なのがネットカジノだという。

雑居ビルの一室にある「会員制」と書かれた扉を開けると、カーテンで仕切られた暗いスペースに数台のパソコンが並ぶ。ゲーム画面には、客が店員に支払った現金が残高表示され、ルーレットやバカラなどに賭けられる。

支払額の5%を次回用の「サービス券」として渡し、客を囲い込んでいるという。

ただ、どの店も健康保険証や名刺などを客に提示させるのが原則で、男性は「私服警官が内偵していないかチェックするため」と理由を明かした。

大阪府警によると、近年はネットカジノの割合が多く、捜査関係者は「人件費や特別な設備などの経費がかからないからでは」と分析している。

「サラリーマンも多く利用しているが、違法賭博なので絶対に行ってはいけない。必ず損をする」と語る。

ある暴力団幹部は「ネットカジノは効率のいいビジネス。ミナミで何店舗あるか把握できないぐらい。」と話す。

数カ月ごとに店を移転させ、摘発を逃れているという。

ただ、利権の拡大にはトラブルが伴う。

幹部は「対立組織の収入源を減らすため、不良グループの『半グレ』を使ってライバル店を襲撃させる暴力団もいる。」と、声を潜めた。

カジノ法案は通過したが、入場料が高く、制約も多いので、違法カジノは減りそうもない。

違法カジノ店を巡っては最近、2016年04月、リオデジャネイロ・オリンピックで代表入りが確実視されていた23歳の桃田賢斗(Kento Momota)選手が東京都内の違法カジノ店で賭博をしていたことが発覚し、所属するNTT東日本では他の7選手も店に出入りしていたことが分かり、日本バドミントン協会は出場停止などの処分にした。

警視庁はこの店を2015年04月に摘発した。

賭博開張図利容疑などで逮捕された6人には指定暴力団住吉会系組幹部も含まれていた。

和歌山県警も2016年08月に、ネットカジノ店から「みかじめ料」を受け取ったとして和歌山市内の指定暴力団山口組系組長ら5人を逮捕した。

京都府警は2016年06月、大阪市天王寺区の事務所でネットのカジノサイトを運営していた男ら5人を常習賭博の疑いで逮捕。サイトには計9511人が会員登録し、約19億円が口座入金されていたという。

大阪府でも近年、賭博の検挙者が増えており、1年半ほどで2億円以上を売り上げていた店もあったという。

大阪では、セックス・スキャンダル党元党首の弁護士橋下徹が、大阪でカジノを話題にして、大阪湾の人口島「夢洲」統合型リゾートを誘致する構想を提唱している。

神戸のヤクザを仲間に入れるのか、それとも喧嘩して殺されるのか?

自分の子供が、将来苦しむのもわからない弁護士か!?

また、セガは、ラスベガスでカジノのゲーム機を開発しているが、会長であった大川の教団から、金をせびり出して、MIT(Massachusetts Institute of Technology/マサチューセッツ工科大学)のメディア・ラボに寄付を手配した男は、慶應大学の教授になっていた。

2018-06-12---マカオのカジノ王、2018年06月にSJM会長を退任。
2018-03-27---カジノ法、自民が譲歩。
2018-03-26---カンボジア内務省、カジノの外国人客、2017年は約116万人。
2018-03-20---大手カジノのボラカイ島進出、フィリピン政府が承認。
2018-03-15---「カジノ解禁」に向けた動き!
2018-03-14---長生きと年金。制度設計の遅れで、引退生活支えきれない。
2018-02-28---2017年、台湾寄港クルーズ船客、最多114万人。
2018-02-21---政府案として、カジノ入場料2000円を提示。
2017-12-16---山形市のベガスベガス、ベトナムにカジノをオープン。
2017-11-14---マカオ政府、永久居民に現金支給!
2017-10-27---マカオのカジノ6社、EV仕様のシャトルバス導入。
2017-08-24---マカオのATM規制で、香港でATM引き出し急増!?
2017-06-10---カジノで、日本市場に迫るトランプ大統領!
2017-05-08---ドイツでも全国民向け最低所得保障が試験運用を開始。
2017-04-04---カジノ推進本部が初会合で、有識者8人を選任。
2017-03-02---史上初、人工知能がポーカーでプロに勝利!
2017-02-22---世界のカジノ経営者「東京は世界最高のカジノ市場」
2017-01-17---「保護なめんな」ジャンパーを着て受給世帯訪問。
2017-01-01---フィンランドで、月約7万円無条件支給。フィンランド「BI」試験!
2016-12-15---カジノ法、年金制度改革法が成立。
2016-12-07---民進党の蓮舫代表「カジノ、国の品格欠く」?
2016-12-02---カジノ法案、衆院内閣委員会で可決。
2016-11-18---大阪湾の人口島「夢洲」統合型リゾートを誘致する構想。
2016-11-10---マカオの元検事総長は、約2000件の罪で裁判へ!
2016-11-09---自民方針!カジノ法案、今国会で審議入りへ
2016-05-14---毎月28万円の所得保障。スイスで国民投票。
2016-04-20---矛盾を抱えたラスベガス売春宿!
2016-03-12---切断手術を受けた人は、『もう休業給付者として適格ではない。』と言われた。
2016-02-22---9回の理想社会を試みた、最も惨憺たるユートピア。
2016-01-30---スイスは世界で初めて、1ヶ月あたり全国民に£1,700を保証する国になる!?
2016-01-20---不均衡は、生きるために不可避の事実であるか?
2016-01-20---これが、世界で一番良い国!
2016-01-18---現在、ちょうど62人が、世界中の富の半分を所有している。
2015-05-31---本当の高齢者は、どのように生きた?
2015-05-03---ボクシングの「世紀の一戦」は、フロイド・メイウェザーが判定で勝った。
2014-09-16---派手な米国が、崩壊するとき、賭博の町アトランティックシティ。
2014-08-26---抗議者は、マカオが目覚めることを要求。
2014-08-26---抗議者は、マカオが目覚めることを要求。
2014-06-21---マカオ警察は、不法なワールドカップ賭博を摘発。
2014-04-01---世界最大の大観覧車がオープン。
2014-02-12---米国の合法化で、モバイル・ギャンブルは2018年までに、US$600億になる?
2013-12-13---スペインの「Eurovegas」の巨大なカジノ計画キャンセル!
2013-12-07---モバイル・ギャンブルの利用者数、5年間で1億人増える。
2013-09-14---国際的な不法賭博の保釈金のために、ラスベガスに行く希望が認められた。
2013-09-12---「ラスベガスのキング」が住んだ家、US$7000万。
2013-07-12---金曜は、ポーカー世界大会選手用の支払い日。
2013-05-25---ラスベガスからのネオン・サインの博物館、ナイト・ツアーをスタート。
2013-04-30---ラスベガスがある米国のネバダ州は、合法的なオンライン・ポーカーに着手。
2012-10-19---MGM中国は新しいマカオ・カジノの土地取引で株価上昇。
2012-10-10---ラスベガスのカジノから、US$160万のチップを盗んだ!
2012-09-30---黒海のラスベガス?
2012-09-28---ラスベガスの建築デザイン。なぜカジノに鏡がないのか?
2012-04-11---マカオにUS$40億を掛けた新しいカジノがオープン!
2012-04-11---マカオにUS$40億を掛けた新しいカジノがオープン!
2012-03-21---スペインのメガ・カジノ計画「EuroVegas Project」
2011-05-27---MGM Chinaは香港で、US$15億を集めた。
2011-04-14---米国のMGM、マカオのカジノと合弁事業で合意!
2010-08-10---「ハマコー」背任容疑で逮捕!
2009-05-13---オンライン・ギャンブルと道徳の戦場が激化。
2008-08-22---ネバダ州の巨大商用太陽エネルギー発電所「Nevada Solar One」
2007-12-17---米国のインターネット・ギャンブル法の行方。
2006-05-25---米国のネット中立法とネット・ギャンブル禁止法承認した。
2005-11-09---ラスベガス1905年〜2005年の写真を公開した。
1980-03-06---浜田幸一、ロッキード事件で受け取った金で借金返済が発覚した。
1921-11-25---マカオのカジノ運営権を2002年まで独占した何鴻燊が生まれた。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告