AD SPACE

2018-04-16

仏西部で、反資本主義者ら約300人が、キャンプ閉鎖で警察と衝突。

戦争と平和

AFPは2018年04月16日に、フランス西部ナント(Nantes)近郊のノートルダム・デ・ランド(Notre-Dame-des-Landes)で設営したキャンプが、2018年04月15日に強制閉鎖されたことに抗議する反資本主義者の活動家ら約300人が警察と衝突したと、フランスの警察当局が明らかにしたと報告している。

このキャンプはおよそ10年前、新空港建設に反対するために活動家らが設営した。

[AD] You can advertise on this site.

警察がキャンプから立ち退くよう迫ったことを機に、両者はは2018年04月09日から1週間にわたって衝突を繰り返している。

警察によると、警官らは反対派およそ300人に襲撃され、2018年04月15日朝には火炎瓶で武装した一部がキャンプの再設営を目的に区域内に接近を試みたという。これにより2人が逮捕され、警官1人が負傷した。

また同じく警察によると、その後3000〜4000人が平和的な集会に参加するため、同地に集結したという。

2018年04月14日にはナントでも同様の集会が行われ、およそ6700人が参加した。

警察によると、デモが行われた市街では窓が割られる被害があったという。

フランスには、多くの場所に、このようなキャンプがあり、中には文化サークルや芸術家村、ヒッピー村になっている。

それらにいる人はひとまとめにして、政府が反資本主義者と呼んでいる。

ノートルダム・デ・ランド(Notre-Dame-des-Landes)の緯度、経度
47°22'53.5"N 1°42'40.6"W
または、
47.381522, -1.711269

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE