2018年04月16日

仏西部で、反資本主義者ら約300人が、キャンプ閉鎖で警察と衝突。

戦争と平和

AFPは2018年04月16日に、フランス西部ナント(Nantes)近郊のノートルダム・デ・ランド(Notre-Dame-des-Landes)で設営したキャンプが、2018年04月15日に強制閉鎖されたことに抗議する反資本主義者の活動家ら約300人が警察と衝突したと、フランスの警察当局が明らかにしたと報告している。

このキャンプはおよそ10年前、新空港建設に反対するために活動家らが設営した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

警察がキャンプから立ち退くよう迫ったことを機に、両者はは2018年04月09日から1週間にわたって衝突を繰り返している。

警察によると、警官らは反対派およそ300人に襲撃され、2018年04月15日朝には火炎瓶で武装した一部がキャンプの再設営を目的に区域内に接近を試みたという。これにより2人が逮捕され、警官1人が負傷した。

また同じく警察によると、その後3000〜4000人が平和的な集会に参加するため、同地に集結したという。

2018年04月14日にはナントでも同様の集会が行われ、およそ6700人が参加した。

警察によると、デモが行われた市街では窓が割られる被害があったという。

フランスには、多くの場所に、このようなキャンプがあり、中には文化サークルや芸術家村、ヒッピー村になっている。

それらにいる人はひとまとめにして、政府が反資本主義者と呼んでいる。

ノートルダム・デ・ランド(Notre-Dame-des-Landes)の緯度、経度
47°22'53.5"N 1°42'40.6"W
または、
47.381522, -1.711269

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。