AD SPACE

2018-04-12

フィリピンの物流LBC、日本からの送金でJRFと提携。

モバイル・マネー銀行

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年04月16日に、フィリピンの物流大手LBCエクスプレス(LBC Express)は2018年04月12日に、送金事業を手掛ける東京都港区のJRF(Japan Remit Finance Co., Ltd./ジャパンレミットファイナンス)と提携したと発表した報告した。

[AD] You can advertise on this site.

日本国内のフィリピン人OFW(Overseas foreign worker/海外出稼ぎ労働者)からJRFを通じた送金を、LBCがフィリピン国内1,300カ所に置く拠点で現金化できるようになった。

JRFは、ホセイン・サロワ(Hossain MD. Sarwar Sunny)社長が2011年09月に設立した。
アジア諸国をはじめ83カ国への送金事業を手掛けている。
効率的な送金により、日本に住む外国人の支援を目指している。

フィリピン中央銀行によると、今年のOFWの送金額は前年比3.6%増のUS$291億(約3兆1,200億円)となる見込み。1月の実績は前年同月比9.6%増の約US$24億で、米国、アラブ首長国連邦(UAE)、サウジアラビア、シンガポール、イギリス、日本など10カ国からの送金が全体の8割以上を占めたと伝えている。

そういえば、友人に連れられてフィリピン・バーに行って、その過激さに逃げ出したことがある。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.