2018年04月14日

運動ニューロン疾患で死亡した学生が提供した幹細胞の研究。

美容と医学の科学研究調査未来

AFPは2018年04月14日に、東方新報(东方新报)からの情報として、MND(Motor Neuron Disease/運動ニューロン疾患)で亡くなった北京大学(Peking University)学生の婁滔(Lou Tao)から提供された細胞を活用した研究が、中国の安徽省(Anhui)幹細胞学会と中国科学技術大学(University of Science and Technology of China)の細胞医学連合実験室で、運動ニューロン疾患の早期発見と、より効果的な治療法の研究を目指して進められていると報告した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

中国で通称「少しずつ凍る病気」と呼ばれる運動ニューロン疾患は、筋肉と運動神経が徐々にむしばまれる病気だという。

婁滔は、2018年01月04日に自宅で亡くなった。

生前の遺言によると、「人が生きる意味は、命の長い短いではない。質と厚みだ。病気を患ってからは生きることが苦痛だったが、この世を去る時は立派に去りたい。頭部は医学研究に利用し、そのほかの器官はほかの人の命を救うためにできるだけすべて提供してほしい。」と話していた。

最終的に婁滔の器官は提供の条件に合わず、そのまま荼毘(だび)に付されたが、生前の2017年10月、自身の細胞を安徽省幹細胞学会と中国科学技術大学の細胞医学聯合実験室に提供していた。

同実験室の数か月に及ぶ研究の結果、婁滔の細胞をリプログラミングすることで、胚性幹細胞(ES細胞)と同等の能力を有する人工多能性幹細胞(iPS細胞)を樹立することに成功した。

婁滔のiPS細胞は運動神経ニューロンに分化され、病理研究と薬の開発に使用されると伝えている。

つまり、婁滔は死んだが、提供された細胞は、今も生きている!

医学や科学は、現実のフランケンシュタインのように、物凄い時代に突入している。

昔、映画は、死んだ人も動き続けると思ったが、さらに進化した。

これを宗教は、どう判断するのだろう。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト