on-the-time.jp

2018年04月09日

指の化石解析から、現生人類、8万5000年前にはアラビア半島到達。

超過去調査研究

AFPは2018年04月10日に、サウジアラビアの砂漠で発掘されたヒトの指の化石の解析結果から、現生人類ホモ・サピエンス(Homo sapiens)はすでに8万5000年前にはアラビア半島に到達していたとする論文が9日、米科学誌「ネイチャー・エコロジー・アンド・エボリューション(Nature Ecology and Evolution)」で発表されたと報告した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

人類の直接の祖先となるヒト族の化石がサウジアラビアで発見されたのは初で、同論文によると、この解析により人類がアフリカから各地に移動を始めた時期は、これまで考えられていたよりも数千年早かったとみることができるという。

Homo sapiens in Arabia by 85,000 years ago
Huw S. Groucutt 1,2*,
Rainer Grün3,4,
Iyad S. A. Zalmout5,
Nick A. Drake6,2,
Simon J. Armitage7,8,
Ian Candy7,
Richard Clark-Wilson7,
Julien Louys3,
Paul S. Breeze6,
Mathieu Duval 3,9,
Laura T. Buck10,11,
Tracy L. Kivell12,13,
Emma Pomeroy 10,14,
Nicholas B. Stephens 13,
Jay T. Stock10,15,
Mathew Stewart16,
Gilbert J. Price 17,
Leslie Kinsley4, Wing Wai Sung18,
Abdullah Alsharekh19, Abdulaziz Al-Omari20,
Muhammad Zahir21,
Abdullah M. Memesh5,
Ammar J. Abdulshakoor5,
Abdu M. Al-Masari5,
Ahmed A. Bahameem5,
Khaled S. M. Al Murayyi20,
Badr Zahrani20,
Eleanor M. L. Scerri1,2
and Michael D. Petraglia 2,22*

1School of Archaeology, Research Laboratory for Archaeology and the History of Art, University of Oxford, Oxford, UK.
2Department of Archaeology, Max Planck Institute for the Science of Human History, Jena, Germany.
3Australian Research Centre for Human Evolution (ARCHE), Environmental Futures Research Institute, Griffith University, Nathan, Queensland, Australia.
4Research School of Earth Sciences, The Australian National University, Canberra, Australian Capital Territory, Australia.
5Saudi Geological Survey, Sedimentary Rocks and Palaeontology Department, Jeddah, Saudi Arabia. 6Department of Geography, King’s College London, London, UK.
7Department of Geography, Royal Holloway, University of London, London, UK.
8SFF Centre for Early Sapiens Behaviour (SapienCE), University of Bergen, Bergen, Norway.
9Geochronology, Centro Nacional de Investigación sobre la Evolución (CENIEH), Burgos, Spain.
10PAVE Research Group, Department of Archaeology, University of Cambridge, Cambridge, UK.
11Earth Sciences Department, Natural History Museum, London, UK.
12Skeletal Biology Research Centre, School of Anthropology and Conservation, University of Kent, Canterbury, UK.
13Department of Human Evolution, Max Planck Institute for Evolutionary Anthropology, Leipzig, Germany.
14School of Natural Sciences and Psychology, Liverpool John Moores University, Liverpool, UK.
15Department of Anthropology, University of Western Ontario, London, Ontario, Canada.
16Palaeontology, Geobiology and Earth Archives Research Centre, School of Biological, Earth and Environmental Science, University of New South Wales, Sydney, New South Wales, Australia.
17School of Earth and Environmental Sciences, The University of Queensland, St Lucia, Queensland, Australia.
18Department of Life Sciences, Natural History Museum, London, UK.
19Department of Archaeology, King Saud University, Riyadh, Saudi Arabia.
20Saudi Commission for Tourism and National Heritage, Riyadh, Saudi Arabia.
21Department of Archaeology, Hazara University, Mansehra, Pakistan.
22Human Origins Program, National Museum of Natural History, Smithsonian Institution, Washington DC, USA.
*e-mail: huw.groucutt@rlaha.ox.ac.uk; petraglia@shh.mpg.de

Nature Ecology & Evolution (2018)
doi:10.1038/s41559-018-0518-2
Download Citation
ArchaeologyEvolution
Received: 04 July 2017
Accepted: 26 February 2018
Published online: 09 April 2018

長年の定説では、人類が誕生の地アフリカを集団で移動し始めたのはおよそ6万年前とされてきたが、近年の考古学的な発見によってこの考えには疑問が出始めており、現生人類がアフリカを出て隣接するレバント(Levant)地域(地中海東部沿岸)に移動したのは12万年かもっと前だとする説も出ている。

しかし、今回論文を発表した研究チームは、これまで中国からオーストラリアを含めた地域で発見されたものの多くについて、信ぴょう性や年代測定に疑問があると主張した。

一方で今回発掘された指の骨の化石は間違いなくヒトのものであり、放射性炭素年代測定法により年代の直接的な推定に成功したとしている。

つまり、中国からオーストラリアを含めた地域で発見されたものの多くは、ウラン系列年代測定法と呼ばれる放射性炭素年代測定法により年代の直接的な推定をしていないというのだろか?

成人の中指の骨とみられる長さ3.2cmの化石はサウジアラビアのネフド砂漠(Nefud Desert)で2016年に発掘され、研究チームは2年にわたって解析作業を行った。

論文の共著者であるイギリスのオックスフォード大学(University of Oxford)のヒュー・グロウカット(Huw Groucutt)によれば、研究チームがウラン系列年代測定法と呼ばれる放射測定を用い、放射性元素のわずかな痕跡を調べて骨の年代を解析したところ、この骨は少なくとも8万5000年前、場合によっては9万年前のものであることが明らかになった。

アフリカやレバント地域以外で見つかったものの中で、年代を直接推定できた最も古い現生人類の化石だという。

主流学説の一つでは、現生人類は単一の集団でアフリカから海に沿って移動し、アラビア半島南部とインドを経由してオーストラリアまで渡ったと考えられている。

しかし論文の共著者の一人、ドイツのマックス・プランク人類史学研究所(Max Planck Institute for the Science of Human History)のミヒャエル・ペトラグリア(Michael Petraglia)は、発掘された指から「現生人類は海沿いではなくユーラシア(Eurasia)大陸の内陸、陸の中心を移動していた。」と示唆されると指摘している。

骨が発見されたのはサウジアラビアのアルウスタ(Al Wusta)と呼ばれる砂漠の地域。

同地は9万年前には多数の川や湖が存在していたとみられ、研究チームは高度な石器の他にカバを含む様々な動物の化石も一緒に発掘していることから、指の持ち主は水や動物を求めて移動を行う半遊牧の狩猟採集民だったと考えられるという。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。