2018年04月09日

眉の動きは、人類進化の助けになるか!?眉の発達は約20万年前に始まる?

人物アート健康

AFPは2018年04月10日に、相手を疑って片眉を上げたり、相手に共感して眉根を寄せたりする能力のおかげで、人間は進化上の優位性を獲得した可能性があるとの研究結果が2018年04月09日に、発表されたと報告した。

研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。

この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

つまり、ポーカーフェイスは、大規模な社会的ネットワークの構築、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができない!?

「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。

そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。

しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。

毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。

顔を石鹸ではなく、オイルで汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。

顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

米国の科学誌「ネイチャー・エコロジー・アンド・エボリューション(Nature Ecology and Evolution)」に掲載された論文の共同執筆者で、イギリスのヨーク大学(University of York)のペニー・スパイキンズ(Penny Spikins)は「現生人類が他の絶滅したヒト科動物に比べて、仲間とはるかに良好な関係を築くことにどのようにして成功したか、この謎を解くカギが眉だ」と指摘する。

Supraorbital morphology and social dynamics in human evolution
Ricardo Miguel Godinho,
Penny Spikins &
Paul O’Higgins

Nature Ecology & Evolution (2018)
doi:10.1038/s41559-018-0528-0
Download Citation
ArchaeologyBiological anthropology
Received: 07 December 2016
Accepted: 05 March 2018
Published online: 09 April 2018

スパイキンズ氏と研究チームは、眉がある眼窩(がんか)上部の隆起線の眉弓(びきゅう)について、初期人類にみられる顕著な眉弓骨の機能を調べた。調査の目的は、現生人類の眉弓の突出が時間とともに減少した理由を解明することだった。

一部の先行研究では、初期人類の大型の眉弓が強力なそしゃくに起因する損傷から頭蓋骨を保護する助けになっていたことや、脳頭蓋と眼窩の間の空洞を埋める役割を果たしていたことなどが示唆されていた。

研究チームは、現生人類とその直系の絶滅した祖先で構成されるヒト族の原始的な一種、ホモ・ハイデルベルゲンシス(Homo heidelbergensis)の化石化した頭蓋骨の眉弓を詳しく調べるために、立体構造(3D)工学解析ソフトウェアを使用した。

60万年〜20万年前に生きていたホモ・ハイデルベルゲンシスは、現生人類とその近縁種ネアンデルタール(Neanderthal)人との共通の祖先と考えられている。

研究チームは、英自然史博物館(Natural History Museum)に収蔵されているホモ・ハイデルベルゲンシスの頭蓋骨をコンピューター上で再現し、眉弓の大きさを変えて、さまざまな強さの咬合(こうごう)圧を加える実験を行った。

その結果、大型の眉弓には、そしゃく時に頭蓋骨にかかる圧力を軽減する作用がほとんどないことが分かった。

さらに、ホモ・ハイデルベルゲンシスの平らな脳頭蓋と眼窩の隙間を埋めるのに必要な大きさよりも、その眉弓ははるかに大型だった。

研究チームは、現生人類の絶滅した祖先では、突出した眉は社会的地位や攻撃性を相手に伝える信号として機能し、後に現生人類のより表現力豊かな眉に移行した可能性があると述べる。

ヒト族における毛のない額とよく動き、目立つ毛深い眉の発達は約20万年前に始まり、過去2万年間で発達のペースが速くなった。

論文の主執筆者で、ヨーク大学の解剖学ポール・オヒギンス(Paul O'Higgins)教授は「社会的信号は、人類祖先の突出した眉に対する説得力のある説明の一つだ」と話す。

「眉弓の形状が空間的および機構的な要件だけで決定されたものではなく、汗や頭髪が目に入らないようにするといった眉弓に関するその他の説明もすでに否定されているため、信憑(しんぴょう) 性が高くて有力な説明が社会的コミュニケーションの領域で見つかる可能性があることが今回の研究で示唆される」

前出のペニー・スパイキンズも、人間は眉の動きで複雑な感情を表現したり、他者の感情を読み取ったりすることができると言う。

素早く眉を上げるのは、気付きを示す通文化的なしぐさであり、両眉を中央に引き寄せるのは、相手への共感を示すもので、小さな動きで、信用できるか、だまそうとしているかを判断できる可能性もある。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。