gaYa広告

2018年04月03日

中国国務院が、ジェネリック医薬品奨励。

健康

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年04月09日に、中国国務院(中华人民共和国国务院中央政府)弁公庁(办公厅)は2018年04月03日、ジェネリック医薬品(後発医薬品)の研究開発(R&D)と品質向上、安定供給に向けた政策意見を公布したと報告した。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

企業所得税(法人税)率を基本税率の25%から10%引き下げる優遇税制の適用などを掲げている。

意見では、R&Dの促進策として、R&Dを奨励するジェネリック医薬品のリスト制定、鍵を握る技術の国家科学技術振興政策への組み入れ、医薬品の知的財産権保護制度の整備を挙げた。

品質向上策としては、品質と投与効果の評価加速、原材料と包装材の品質引き上げ、製造技術の向上、審査の厳格化、品質管理の強化を示した。

こうした政策の支援策として、医薬品調達機関の調達リストのタイムリーな更新、医療機関と患者によるジェネリック医薬品の利用促進、基本医療保険の対象医薬品への組み入れ、企業所得税率について15%の優遇税率適用などを打ち出している。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。