gaYa広告

2018年04月04日

女人禁制の土俵、その外でも議論再燃。

健康犯罪と裁判美容と医学の科学宗教

日本経済新聞 電子版は2018年04月06日に、2018年04月04日に京都府舞鶴市の大相撲春巡業の土俵上で倒れた市長を助けようとした女性に、土俵から下りるよう促す場内放送が流れた問題は、「女人禁制」の慣習に固執するかのような判断に識者からも「悪弊であり、廃止すべきだ」との指摘が上がっている。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

人命に関わりかねなかった事態だけに、以前から繰り返されてきた「土俵と女性」の議論はより重い形で再燃していると報告した。

産婦人科医であり、女性の権利を守る活動にも取り組む丸本百合子さんは、「もしあの場にいたら自分も同じように土俵へ上がった。『女性だから駄目かな。男性にやってもらおう』とためらう余裕はない。」と、断言する。

それこそ、女性が医者になれなかった時代の発想である。

67歳の多々見良三市長はあいさつ中、くも膜下出血で突然倒れた。

「女性はとにかく助けようと動いた。もし心臓まひだったら、女性らの心臓マッサージが遅れるのは一層危険だった」と話し、退場を促した場内放送を「日本相撲協会の変わらない体質が表れている」と批判した。

土俵上を女人禁制とする慣習は繰り返し問題化してきた。

優勝力士に対する土俵での表彰を女性知事が希望したり、元大関が断髪式の際に母親のために土俵を下りてはさみを入れてもらったりしたケースを経ても「伝統」は変わってこなかった。

ただし、今回は土俵に上がった理由が一刻を争う救命措置だけに、深刻度は増す。
相撲協会は場内放送を不適切と認め、対応策の検討に乗り出した。

かつて相撲協会の外部有識者委員を務めた漫画家のやくみつるは「対応策が『人命救助を女人禁制の例外にする』でとどまってはいけない。」と、釘を刺す。

「女人禁制を廃止しても、大相撲の興行や、神事としての性質に何の悪影響もない。すぐに改めるべきだ」と厳しい口調で話した。

2016-10-24---イスラム教の由緒ある霊廟、女人禁制を解除!
1990-01-04---相撲協会、女性が土俵に登ることを拒否。
1987-02-08---女性記者が沼名前神社の「女人禁制」の舞台に上がった。
1986-02-02---リヒテンシュタインで初めて女性が議会選挙に投票した。
1978-10-06---ロンドン地下鉄で最初の女性運転手が仕事を始めた。
1976-02-07---イギリスで2人の女性が新しいスポーツの歴史を作った。
1975-05-16---女性が初めてエベレスト山頂に立った。
1971-03-07---スイスの女性が選挙権と参政権を獲得した。
1965-08-11---帝人が日本で初めてのミニスカート「テイジンエル」を発売。
1960-07-10---奈良県大峰山竜泉寺が「女人禁制」を解禁した。
1949-06-23---ハーバード医科大学を初めて女性が12人卒業した。
1947-10-26---不敬罪、姦通罪が廃止された。
1945-10-21---フランスの女性が初めて、議会選挙に投票した。
1924-12-13---婦人参政権獲得期生同盟会が発足。
1920-08-18---アメリカで女性の参政権が認められた。
1918-12-28---初めて、イギリスで女性が選挙に投票した。
1918-12-14---イギリスではじめて女性が総選挙で投票した。
1916-07-17---日本初の女性学士号。
1913-08-16---帝国大学初の女子学生が誕生した。
1904-01-02---報知新聞、女優の川上貞奴らの肖像写真を掲載。
1879-03-03---米国合衆国最高裁判所に、最初の女性弁護士が認められた。
1871-11-23---女性が大相撲を見ることを認められた。
1836-09-01---イギリス人女性が、初めてロッキー山脈の西で落ち着いた。
1811-10-03---最初の女性カントリー・クリケットの試合があった。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト