on-the-time.jp

2018年04月04日

インドの公営のEESL、本年度中にEV2万台調達。

自然EV

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年04月04日に、インドのPTI(Press Trust of India)通信が、インドでエネルギー関連事業を手掛けるインド公営のEESL(Energy efficiency services/エナジー・エフィシェンシー・サービシズ)は、2018/2019年度(2018年04月〜2019年03月)に公用車向けにEV(Electric Vehicle/電気自動車)を2万台調達する方針で、投資額は約240億ルピー(約391億円)になると伝えたと報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

EESLは2017年、2万台のうち1万台を、地場インドの自動車大手タタ・モーターズ(Tata Motors Limited)とM&M(Mahindra & Mahindra/マヒンドラ&マヒンドラ)に発注した。サウラブ・クマール(Saurabh Kumar)社長は、残る1万台についても入札を開始したと明らかにした。

EESLは、先月に南部アンドラプラデシュ(Andhra Pradesh)州政府とEV1万台の供給で覚書を締結。

西部のグジャラート(Gujarat)、マハラシュトラ(Maharashtra)両州政府とも、近く覚書を交わす予定にしている。供給台数はそれぞれ8,000台、1,000台。

EESLによると、2万台のEVが公用車として導入された場合、年5,000リットル以上の燃料を節約でき、二酸化炭素(CO2)排出量が年56万トン抑制される見通しだ。

サウラブ・クマール社長は、EVの充電施設を全国2,500カ所整備するため、入札を実施していることも明らかにした。EESLは既に、首都ニューデリーの250カ所に充電施設を設置している。

国際入札と言っていたが、完全に内需である。

2017-12-06---インドのタタ・モーターズ、公用車向けにEV第1弾の生産開始!
2017-08-15---インド政府、EV1万台の調達で国際入札!

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト