2018-04-04

インドの公営のEESL、本年度中にEV2万台調達。

自然EV

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年04月04日に、インドのPTI(Press Trust of India)通信が、インドでエネルギー関連事業を手掛けるインド公営のEESL(Energy efficiency services/エナジー・エフィシェンシー・サービシズ)は、2018/2019年度(2018年04月〜2019年03月)に公用車向けにEV(Electric Vehicle/電気自動車)を2万台調達する方針で、投資額は約240億ルピー(約391億円)になると伝えたと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

EESLは2017年、2万台のうち1万台を、地場インドの自動車大手タタ・モーターズ(Tata Motors Limited)とM&M(Mahindra & Mahindra/マヒンドラ&マヒンドラ)に発注した。サウラブ・クマール(Saurabh Kumar)社長は、残る1万台についても入札を開始したと明らかにした。

EESLは、先月に南部アンドラプラデシュ(Andhra Pradesh)州政府とEV1万台の供給で覚書を締結。

西部のグジャラート(Gujarat)、マハラシュトラ(Maharashtra)両州政府とも、近く覚書を交わす予定にしている。供給台数はそれぞれ8,000台、1,000台。

EESLによると、2万台のEVが公用車として導入された場合、年5,000リットル以上の燃料を節約でき、二酸化炭素(CO2)排出量が年56万トン抑制される見通しだ。

サウラブ・クマール社長は、EVの充電施設を全国2,500カ所整備するため、入札を実施していることも明らかにした。EESLは既に、首都ニューデリーの250カ所に充電施設を設置している。

国際入札と言っていたが、完全に内需である。

2017-12-06---インドのタタ・モーターズ、公用車向けにEV第1弾の生産開始!
2017-08-15---インド政府、EV1万台の調達で国際入札!

[AD] You can advertise on this site.

Related Dates

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE